パートナーの不倫相手を訴える方法

広告

許せない!夫(妻)の不倫相手を訴えるには?

パートナーのことは当然ながら許せない。でも、平穏だった家庭を壊した不倫相手のことだって絶対に許せない!!!

パートナーに浮気をされた時、不倫相手のことを訴えてやりたい!!と思う方は少なくないでしょう。結論から言えば訴えることは可能です。しかし、そんなに簡単なことではありません。相手側に与える精神的プレッシャーは大きく、懲らしめるだけには十分な威力を発揮する一方で、自分も疲弊してしまいます。それでも、どうしても訴えたい方のために、今回はパートナーの不倫相手を訴える方法と注意点についてお伝えします。感情的になり過ぎると逆に訴えられることもあるので要注意です!!

裁判に勝つための知識と経験があるか?

自己紹介が遅れたわね。いつものコトエ・ロイヤルビッチマンよ。アタシが訴えたい人間は友人A。アタシの手を見て「鍋掴みみたいな手ですやん」って言ったの。鍋掴み…(-_-;)

鍋掴み

傷付いたわ、裁判で慰謝料を請求したいくらい。でも、口では簡単に言えるけれど、実際に裁判を起こすとなると、ほとんどの人が未経験だし、尻込みしちゃうわよね。内容や居住先によって裁判所の種類も場所も異なるわ。それに、申し立てを行う書式の書き方だって履歴書やラブレターと違ってサンプルがネット上にゴロゴロ転がっているわけでもないでしょ。とんでもない労力だと思うの。

まずは簡単に手順を紹介するわね。~アタシが友人Aを訴えるとしたら~

裁判フロー

これ、表にすると単純そうだけど、口頭弁論の期日(法廷が開かれる日)は1ヶ月以上も先になることが一般的で一回で終わるとは限らないの。さらに、裁判に勝つためには知識や経験が必要で、多少の知識があったところで、相手が弁護士を立ててしまうと知識の差は歴然。法廷での経験値も判決に大きな影響が及ぼしてしまうの。正論だの正義が通用するとは限らないくらい法廷は真剣勝負の場だもの。素人が一人で足を踏み入れても簡単に勝てないからこそ、弁護士費用って高額なんだわ(でも、ほとんどの場合、慰謝料で支払える金額よ)。

敷居が高い弁護士相談

相談

とは言え『弁護士に相談する』って、ちょっと敷居が高いように感じない?料金的なことだけじゃなくて、アタシの周囲は弁護士どころか国家試験を受けるような高い志を持った人間が皆無だから、弁護士と会話が成立するのか?さえも疑問だわ。「訴状が~陳述は~答弁書を~」なんて、真顔で繰り返されて御覧なさいよ。浮気をされていたショックや怒りも相まって、引っ叩きたくなるはず!専門用語を使いなさんな、って。

それともう1つ。パートナーが浮気をしていたからって、必ずしも相手を訴えられるとは限らないの。慰謝料が請求できないケースもあるから、まずは以下を確認してみて。

不倫相手を訴えられないケース

細かいことまで羅列すれば、もっとあるわよ。でも、よくありそうなケースを3つ紹介するわ。特に1つ目は大切な項目だからお忘れなく!

1、浮気を証明できない場合

LINEとかメールとか、偶然どこかで見かけたとか、誰かに聞いたとか…。浮気相手を特定できたとしても、不貞行為を証明できなければ、慰謝料の請求は不可能。この場合の不貞行為とは、何度もお伝えしている通り、配偶者以外との性交渉ね。肉体関係の証明ができない限り、どんなに親密な様子がLINEの文面等で確認できても、裁判では戯言扱い。

2、パートナーのことを既婚者だと知らなかった場合

パートナーが既婚者だと知らずに付き合っていた場合も慰謝料の請求はできないわ。逆に結婚を匂わせて付き合っていたのなら、パートナーが慰謝料を請求されてしまうケースもあるの。ここは大きなポイントよね、シラを切られたら終わりだもの。

でもね、パートナーが結婚指輪をしているとか、結婚の事実を周囲の全員が知っているとか、状況証拠が揃っていれば「知らなかった」は通用しないの。簡単に気付くことができたはずなのに「気付かなかった」とは言わせないシステムよ。こうなると、指輪が抜けないように結婚後は太らせておくことが大事そうね。それこそ、鍋掴みのような手になるまで。

3、夫婦関係が破綻していた場合

浮気発覚の前に別居をしていたとか、夫婦関係が破綻した直接の原因が浮気ではない場合は、不倫相手に慰謝料を請求できないわ。言い換えれば、既に別居しているならば、別居に至る前から浮気関係が始まっていたことを証明できなければならないの。これは少し難しい証明になるわね…。

こんな行動は逆に訴えられてしまう!

悲鳴

広告

浮気を知ってしまった時に、つい感情的になって不倫相手へ攻撃したくなるけれど、以下のような行動は逆に訴えられてしまう恐れもあるから、軽はずみな言動は慎むのよ。冷静に、そして知的に攻撃する事こそが、正しい復讐!

1、怒鳴り込みや不用意な接触

やりがちだわね、よく聞く内容だし。静かにお話がしたいだけでも、相手の態度や出方によってはヒートアップしてしまう可能性だってゼロじゃないでしょ。その結果、脅迫された・恐喝された、と訴えられてしまいかねないの。会社や実家に乗り込む人もいるけれど、それだって危険。同僚やら家族やら、第三者に不倫が知られてしまうと、その責任を追及されることもあるし、勢いで頬を叩いたりしてしまうと、刑事事件に発展してしまう恐れもあるわ。そもそも論だけど、常識が通用しない相手だってことを忘れないで。

2、退職の強要

以前、「不倫相手の58%は職場関係」でもお伝えしたように、不倫の主戦場は勤務先。言いたくなるわよね。「もう会わないように退職して下さい」って。でも、退職を強制するようなことを伝えてしまうと、不倫相手から損害賠償請求をされる恐れがあるわ。それくらい気の強い相手だもの。慰謝料以上の金額を求めるはず。そういう人間は何があってもタダで転ばないタマなのよ、ご注意!!

不倫相手に「あんたの名前もやっていることも全て知っているわ!」って、プレッシャーを与えたい時には、乗り込むことより内容証明が効果的。脅迫や恐喝、強要にならないように文面には気を付けて、さらには第三者が開けないように、個人名かつ親展で送付することも忘れずにね。

【コトエ・ロイヤルビッチマンの結論】

平穏な夫婦関係を破壊したパートナーの浮気相手を訴えるなら、誰が見ても明らかな浮気の証拠が必要。なおかつ裁判に関する豊富な知識と経験を兼ね備えた弁護士のサポートが判決を左右するわ。

慰謝料の金額は浮気期間の長さや婚姻年数、相手の収入などによって異なるけれど、弁護士など専門家への相談次第では、相場以上の金額を請求することも可能なケースだってあるわよ。とは言え、大半は裁判ではなく示談交渉。それでも素人が示談交渉をすると、言葉を間違えて恐喝・脅迫になる恐れもあるから、やっぱり弁護士によるサポートを依頼した方がベター。もちろん、示談で解決する場合でも浮気の証拠は必要よ。

よって、アタシなりの結論。
弁護士が運営する探偵会社へ相談する方が手堅く効率的』
なぜなら浮気の証拠の収集と示談・裁判へ向けた相談を、ほぼ同時に進められるから。弁護士を探すことだって初めての人にとっては難しいのに、探偵まで探すとなると気苦労も二倍。その点、弁護士が運営する探偵会社なら、探偵と弁護士を別々に探す手間が省けるし、浮気調査で事情を知っているから話が早いし、法廷だって熟知しているから、証拠も裁判向け。すなわち勝てる裁判を行うための証拠を積むの。

オススメの探偵社は「探偵社ALG」と「響・Agent」の2社。どちらも弁護士が代表を務める探偵社で、同じフロア内に法律事務所を設けているから、スムーズに法律相談を行えるわ。

裁判所

10年くらい前かしらね…。アタシにも大企業で働いていた時代があって、どら焼きばかり食べている後輩がいたの。動かないからフォルムは完全に猫型ロボットそのもので、でも何の役にも立たないし、いつも卑猥な画像ばかり眺めてニヤニヤしていたから、あだ名を付けて呼んでいたわ。
「シコえもん」

今なら完全に訴えられちゃうわね。セクハラかパワハラか、もしかしたら、もっと違う何かで。でも、シコえもんに「訴えますよ」って言われても何も怖くないわけ。それは、A氏に対してアタシが「訴えるわよ」って怒鳴っても同じこと。所詮は素人の売り言葉で威力ゼロ。でも、裁判所から訴状が届いたり、内容証明に弁護士の名前があったら、ちびっちゃうはず。シコえもんに土下座で許しを乞うし、アタシの手はバレリーナに昇格するわ。

それは浮気相手への宣戦布告もしかり。復讐は罵声やハッタリじゃ何も響かないの。証拠を武器に「法的手段」をチラつかせることで、完膚なきまでに叩きのめしてやるのよ!!

 

コトエ・ ロイヤルビッチマン

投稿者: コトエ・ ロイヤルビッチマン

フーテン気質なパンダ似。昭和生まれの独り身だけど心はいつでもトレンディ。「今後とも御贔屓にしてくださると嬉しいわ!こっそりツイッターもやってるわよ」