【浮気調査の費用】探偵事務所によって異なる料金体系

浮気調査の費用は探偵事務所によって異なります。調査員1名につき1時間あたりの単価で費用を算出する探偵事務所もあれば、パック料金を採用している探偵事務所もあり、どこの探偵事務所に依頼すれば最も調査費用を抑えられるか?は見積もりを取ってみないと分かりません。

探偵事務所によって異なる浮気調査の料金体系

料金

こんにちは。サラダを取り分ける女が本当に気の利く女か?そんな論争に微塵も興味が湧かないほど粗雑な家庭で育ったコトエ・ロイヤルビッチマンよ。どっちでもいいわよ、そんなこと。気の利く女って、そんな論争をしない女だと思うの。人の考えや行動にケチを付けない女が気の利く女。それは男にも言えるけれど。

やだ、余計な無駄口を叩いちゃったわ。今日のテーマは浮気調査の料金体系。『浮気調査に定評のある探偵13社を徹底比較!』の際に、料金については触れなかったのよね。一概には言えないから。よって、今回は料金体系にだけ特化して説明しようと思うの。『浮気調査に定評のある探偵13社を徹底比較!』と併せて読んで頂くと幸いよ。

浮気調査の料金パターンは主に4つ!

料金

各パターンを紹介する前に、まずは調査費用の見積もりについて。見積もりは必ず契約前に提示されるの。もし、契約前に「実際に調査をしてみないと調査費用は分かりません」なんて言われたら、その探偵社は絶対にパス。調査後に法外な料金を請求される恐れがあるわ。そもそも全てのメニューが時価で食後にしか代金が分からないレストランで食う勇気ある?欲しいわよ、そんな勇気。最後にならないと料金が分からないのは病院だけで充分!

ただし、尾行調査に使った交通費などは「掛かった分だけ」を調査料金と別に実費請求することは珍しくないわ。それともう一つ。急遽、調査時間を延長するケースもあるの。時間的に見て、あと1~2時間あればラブホテルから出て来る証拠が取れるのに!って時とか。延長の際は、事前に「延長をしても良いか?」の確認を行う探偵と、調査中は集中したいから事後報告で済ませる探偵があるから、契約前に必ず確認しておくのよ。それでは主な料金体系について説明するわ。

【料金システム:1】調査員1人あたり1時間単位で計算

最も分かりやすいシステムよね。調査員3人で5時間の調査を4日間します!って言われた時に単価が1時間あたり5,000円だとしたら、5,000円×3人×5時間×4日間=調査料金30万円。HAL探偵社など、多くの探偵事務所がこの料金パターンよ。

おメリット:料金体系の仕組みがシンプルで分かりやすい!
デメリット:調査員の数で料金が増減する

どうしても相談者は素人よね。プロから「確実な証拠を掴むには最低4人必要です」って言われてしまうと、そうなんだ…って思ってしまうでしょ。だからパッと見た感じ、調査費用が安く見えるけれど、調査員の数によっては割高になることもあるわ。大手で名の通った探偵社なら交渉の余地はあるだろうけれど。

【料金システム:2】調査時間1時間あたりで計算

これも分かりやすい料金体系。調査員の数に関係なく、調査時間×単価で計算。5時間の調査を4日間します!って言われた時に、たとえば単価が2万円だったら、2万円×5時間×4日間=40万円。MRがこのパターンよ。

おメリット:料金体系が分かりやすく調査員の数を気にしなくて良い
デメリット:調査員の人数が不透明

尾行を警戒されないために、臨機応変に調査員の人数を変更させながら浮気調査を行っても調査料金が変動しない安心の料金システム。ただし、悪徳探偵社の中には、この料金体系を逆手に取って、終始1人の調査員だけで動くことも!トラブルが少なく調査員が多い探偵事務所を選ぶと良いわね。

【料金システム:3】パック料金

調査員の数や調査時間に関係なく「浮気調査は30万円」と決めている探偵社もあるの。探偵社によっては複数の料金体系があって、パック料金と単価制から選べるケースもあるけれど、極めて稀ね。ヒューマン探偵事務所は、パック料金と単価制を併用しているわ。

おメリット:料金が一律なので細かいことを気にしなくて良い
デメリット:1日で証拠が取れた場合など、調査が早期終了すると結果として割高

結果として割高だけど、最初から「この料金で」って決めて依頼したのであれば、早く結果が分かった方が良いから決して損とは言えないわよね…。ただ、もっと安く抑えられたのではないか?って言う後悔は生じると思うの。アタシだけかしらね、買ったものと全く同じものを安く見つけた時に腹が立つのって。

【料金システム:4】基本料金+調査料金で計算

ちょっと変わった料金体系よね。浮気調査を依頼することに対して発生する料金が「基本料金」で、それプラス調査員の人数や時間によって発生する「調査料金」を組み合わせて、「調査費用」とするシステム。公共料金と一緒で基本料金ってものがあるのが最大の特徴。原一探偵社がこの料金体系で基本料金は4万円よ。

おメリット:基本料金の中に経費が含まれている
デメリット:調査が短いと基本料金の分が高く感じてしまう

要するに見せ方の問題なのよ…。基本料金と調査料金を分けて明記しているってだけで、【料金システム:1】や【料金システム:2】に似ているわ。ただ、基本料金は10日間の調査でも3日間の調査でも4万円だから、長くなる分には1日あたりに換算した金額が少額だけど、早期で終了した場合は痛手に感じることもあるかもね。

【浮気調査に定評のある10社の探偵事務所の料金システム】

 探偵社  料金システム
 探偵社ALG 料金システム:1(調査員1人1時間6,000円)
 総合探偵社AMUSE 料金システム:1(調査員1人1時間7,500円)
 ISM調査事務所 料金システム:1(調査員1人1時間単価7,500円)
 総合探偵社TS 料金システム:2(1時間16,200円~)※1
 探偵社フルスピード 料金システム:1(調査員1人1時間単価5,000円~)
 総合探偵社MR 料金システム:2(1時間20,000円~50,000円)
 HAL探偵社 料金システム:1(調査員1人1時間6,000円)
 響・Agent 料金システム:1(調査員1人1時間6,000円~)※2
 ヒューマン探偵事務所 料金システム:2または3(3時間86,400円)※3
 原一探偵事務所 料金システム:4(基本40,000円+調査80,000円~)

≪補足≫

※1 探偵社TSの調査費用は、内容によって調査員の人数が3名~6名と異なって、調査費用が変動することもあるの。よって、【料金システム:2】だけど限りなく【料金システム:1】に近いわ。

※2 響・Agentの単価は調査員1名につき1時間6,000円~だけど、それは調査時間が15時間までの場合。16時間以降は調査員1名につき1時間3,000円~の破格値になるから長期調査になりそうな時はコスパ◎よ。

※3 ヒューマン探偵事務所は標準プランとして、1日3時間までの調査が86,400円×日数で、超過料金は1時間毎に16,200円。その他、定額のパックプランもあるけれど、こちらの料金については要お問い合わせ。

どの料金システムが最も安いのか?

?

以前と繰り返しになるけれど、こればかりは調査時間や調査員の人数によって異なるわ。幾つかの例を挙げて、おさらいよ。

【Case:1】調査員3名で1日5時間×4日間での浮気調査

【料金システム:1】3名×1日5時間×4日間×単価7,000円=調査費用42万円
【料金システム:2】時間単価2万円×1日5時間×4日間=調査費用40万円
【料金システム:3】パック料金 35万円
【料金システム:4】基本料金4万円+調査料金1日8万円×4日=36万円

この場合は安い順から3→4→2→1になるわ。ま、パック料金の価格なんて、アタシのサジ加減だけど。

【Case:2】調査員2名で1日7時間×週末2日間での浮気調査

【料金システム:1】2名×1日7時間×2日間×単価7,000円=調査費用19万6,000円
【料金システム:2】時間単価2万円×1日7時間×2日間=調査費用28万円
【料金システム:3】パック料金 35万円
【料金システム:4】基本料金4万円+調査料金1日8万円×2日=20万円

この場合は安い順から1→4→2→3になるの。さっきは一番安かった3が最も高く、一番高かった1が最も安くなる摩訶不思議。

こんな感じで、時間や人数によって最も安い料金システムは変わってしまうわ。それに加えて、交通費などの実費が別途必要な探偵社もあれば、全て含まれている探偵社もあるから、複数の探偵社から見積もりを取らないと正確な比較はできないのよ。

比較が面倒な人は完全無料の探偵紹介サービス「街角相談所-探偵-」を利用すると、複数の探偵社から見積もりの概算を出してもらえるから便利だわね。

【コトエ・ロイヤルビッチマンの結論】

基準

今回は浮気調査の費用について書いたけれど、判断基準は人それぞれ。それこそ、サラダを取り分ける女を称える人もいれば、それを良く思わない人もいるわけで、基準は人によって大きく異なるわ。費用よりも探偵の対応力や相談のしやすさを重視する人だって少なくないでしょうし。

アタシが勤める会社の社長は、リニューアルしたサイトがメディアに取り上げられる度に、いちいち全員に一斉メールを送って来る人なの。そんなの鬱陶しいだけで、アタシたち労働者は、それによって売り上げが伸びたのか、もっと言えば、給与やボーナスが上がるのか?を知りたいのに、昨日だったかしらね、遂に取り上げられたメディアを一覧にしたエクセルまで送り付けられたっけ…。浮足立った拙い文章まで添えてね。すぐにゴミ箱行き。マスコミの権威に流されている傾向を示す表現が顕著で、全ての物事の判断基準がそれなんだわ。

人の考えや行動にケチを付けない女が気の利く女。だから、アタシは社長のアホ丸出しメールに反応することなく黙って捨てることにしているの。よって、このブログに対して不満がある方、料金システムについて反論がある探偵社様、黙って画面を閉じてちょうだい。コトエからのお願いよ。