調停離婚と家庭裁判所~47都道府県の家裁一覧~

広告

調停離婚と家庭裁判所

離婚

こんにちは、コトエ・ロイヤルビッチマンよ。
浮かれたくなるようなポカポカ陽気だけど、イイことなんて一つもないわ。ワクワクもドキドキも、もっと言えば穏やかな気持ちさえ消えてなくなっているの。こんな時は…寝るに限る!!夢って無限よね。何が起きるか分からないから、現実の世界よりよっぽど可能性に溢れていて、それでいて二度と同じことは起きなくて。記憶が薄れてしまう過程もどこか儚くてロマンティック。

今日は、そんな夢についてお伝えしたいけれど、ダメみたい。このブログ、アタシの落書き帳じゃないからね。好き勝手に書けないのよ。よって、本日お伝えするテーマは調停離婚と家庭裁判所。ワクワクもドキドキも、もっと言えば穏やかな気持ちさえ消えてなくなるテーマだけど、ここに辿り着いたって事は何か重大な問題があってのこと。いらっしゃいませ、大変お気の毒さまでございます。もし、お伝えしたことが少しでも役に立ったのなら、是非「いいね」を押してくださいませ。そんなボタン、どこにもないけれど。

それでは調停離婚と家庭裁判所についてお伝えする前に、まずは、おさらい。離婚には4つの方法があるわ。

離婚の種類と方法

離婚

大まかに分別すると離婚の方法は「協議離婚」「調停離婚」「審判離婚」「裁判離婚」の4つ。最も知られている方法は離婚届に印鑑を押して、役所に提出する「協議離婚」だけど、これは離婚の意思や離婚条件が合致した場合に用いられる方法で、最も手早く離婚できる反面、離婚当初の約束(慰謝料の支払いや財産分与等)が守られないデメリットもあるわ。

それぞれの離婚について、もう少し詳しく説明するわね。

協議離婚

離婚をされる夫婦の約90%が協議離婚。離婚届に署名や捺印を行って、役所に提出するだけ。言い方は乱暴だけど、手っ取り早い方法よ。時間と費用が最小限で済むし、高度な専門知識を身に付ける必要もないし。ただ、協議離婚の場合は介入する第三者が親や知人。申し訳ないけれど、精神的な支えにしかならないわ。親や友人が弁護士なら話は別よ。話を聞いてくれて、励ましてくれて、一緒に怒ってくれて…。辛い時に寄り添ってくれる存在が、とても大きいことは理解できるけれど、だいたい数ヵ月よ。心をお預かりしてくれる期間って。どうしたって同じ話の繰り返しになるから、聞く方もしんどくなっちゃうの。

親や友人に心を支えてもらいながら、「離婚協議書」を作成して、離婚後の人生を自分で守っていけるようにしましょ!!口約束なんて絶対に守ってもらえないの!!結婚の時に交わした明るい約束を破る人が、慰謝料や養育費なんて暗い約束を守るはずがないでしょうに。

だいたいね、持論だけど、男は離婚をすると仕事まで辞めるわ。守るべき者、責任、第2の人生…いろいろ考えた時に、失望や焦燥感を紛らわすためなのかしらね、自由を手に入れた!って斜め上に気持ちを摩り替えちゃうのよ。それが男らしさなのか、プライドなのか、バイタリティなのか、はたまた一種のステータスなのか、アタシには理解できないけれど、メソメソしたって良いはずなのに、離婚直後に飲み屋や風俗でパーッとお金を使って気持ちを誤魔化す人は少なくないわ。

自分ひとりの人生を考えると、定期的に支払う約束だった慰謝料や養育費を後回しにしちゃうのよね…。安定した収入を失ってからも、今までと同じように律儀に払い続ける人の方が圧倒的に稀。理不尽だけど、そんなものなのよ。だから、離婚協議書を公正証書にして、きちんと毎月決まった金額が支払われるように手続きをした方が良いわ。

調停離婚

全体の約90%が協議離婚で離婚するけれど、話し合いで解決しない場合や離婚に応じない場合は、家庭裁判所での調停離婚になるの。この方法で離婚をされている夫婦は全体の約9%よ。合算して約99%だから、協議離婚か調停離婚のどちらかで離婚していることになるわね。

調停離婚は、家庭裁判所に「調停」の申し込みを行い、一定の条件を満たす有識者が調停委員として立ち会った状態で条件面を整理していくけれど、この調停委員は中立。申請者の絶対的な味方ではないから、親や友人とは違うわ。その代わり判断は冷静。たとえ申請者が月に10万円(例)は養育費が欲しいと主張を繰り返したところで、相手の収入などを考慮して、結論を出すから、7万円(例)になることもあるの。

この時に「7万円?そんなんじゃ家賃も払えないわ」って思うかもしれないけれど、継続できる金額じゃないと意味がないのよ。ダイエットと一緒と思って。1日5分の運動さえ続けることがイヤになるのに、1日1時間もやれって言われたら、数日でギブアップしちゃうじゃない?できる範囲じゃないと決めたことが無駄になるだけなの。

逆に言うと、この時に「10万円は欲しい」の10万円ってどこから出した試算?願望を試算にしちゃダメ。アタシが勤める会社の社長が「このサイトが完成したら年間1億は売上が出る試算です」って自分発信のサイトを立ち上げる度に必ず言うけれど、何をもって1億の試算が出たのか?は毎度不明なの。そして、決まって月に1万円程度しか売上げないの。それなのに、必ず次のサイトも「1億ですね」って言うわけ。アタシどころか全社員『相変わらずオメデタイ頭デスネー』って流しているけれど、本人だけはド真剣。キリッとした表情で言うもの。

願望で試算を導く悪い例を紹介したわ。状況を分析して妥当な金額は調停委員が導き出すから!

ちなみに、家裁で「調停」を申し立てる時に、費用は申請者負担。何でよ!って思うわよね。でも、弁護士などを介さない場合は2,000円程度よ。婚姻費用調停(別居中の夫婦が、夫婦や成人していない子供の生活費などの婚姻生活を維持するために必要な一切の費用に関する調停)を行う場合も費用は約2,000円。戸籍謄本とか幾つかの書類を用意する必要はあるけれど、金銭的な負担は決して大きくない額だと思うわ。

審判離婚

協議離婚か調停離婚で離婚が成立しない夫婦は全体の約1%程度。その場合は審判離婚か裁判離婚になるわ。審判離婚は家庭裁判所の権限で離婚を言い渡すことができるけれど、現在はほとんど活用されていなくて、調停で離婚が成立しなかった場合は裁判になるの。だから、審判離婚に関してはスルー。活用されていない制度まで語らないのがアタシの流儀。

裁判離婚

よって協議離婚か調停離婚で離婚が成立しないと裁判で決着。全体の約1%しか裁判離婚にまで進まないのは、通常の裁判と同様に判決がすぐに出ないから。訴状を提起後、初回の口頭弁論が行われるまで約1ヶ月半よ。さらに訴訟の審理は月1ペースで、判決が出るまでに1~2年を要することもあるの。しかも判決を不服として最高裁まで争うと3年以上が経過しちゃうわけ。3年よ、3年!!金魚の記憶力が2秒だから、4,730万回も何かを覚えて何かを忘れた頃に結論が出る計算。何も金魚に換算しなくたって、3年前のことなんて忘れちゃうわよね。何が争点になってるんだっけ?って。

以上の4つが主な離婚の方法。くどいけれど、ほとんどは協議離婚か調停離婚で片付くわ。今日のテーマは「調停離婚と家庭裁判所」だから、この部分を掘り下げるわね。

家庭裁判所とは?

家庭

なんとなく「家裁」って聞くと、非行少年が連れて行かれるイメージじゃない?ざっくり言うと「家庭裁判所は家事事件と少年事件を専門的に扱う裁判所」よ。

家事事件

民法その他の法律で定める家庭に関する事件を指す。離婚、扶養、遺産分割のような夫婦、親族間の紛争や未成年者の養子縁組の許可や後見人の選任などの事件がある。

少年事件

少年法その他の法律で定める20歳末満の非行少年(男子・女子)、罪を犯した少年(男子・女子)や罪を犯す恐れののある少年(男子・女子)などの事件を指す。

離婚調停の場合は、家事事件に該当するわ。事件って響きが気に入らないけれど。地方裁判所と決定的に違う部分は、地方裁判所は公開された法廷で事実関係を確定して法律を適用するところ。だから、部外者のアタシでも傍聴することができるわけ。一方、家庭裁判所で行われる審判・調停は非公開で審理され、調停なら当事者が調停委員と話し合いを進めて問題の解決を目指すところ。ええ、だから、部外者のアタシは傍聴できないの。聞きたいけどね、ろくでなしの主張を。

この家庭裁判所、全国の県庁所在地および函館、旭川、釧路の合計50ヶ所に本庁があって、その他に主要都市を中心として203ヵ所に支部があるわ。そのうち、102支部では家事事件と少年事件の両方が扱われていて、残り101支部では家事事件のみが扱われているの。本庁・支部の他にも全国に77ヵ所の出張所があって、そちらは家事事件のみよ。

全国の家庭裁判所

日本全国

日本全国にある家庭裁判所(出張所含む)を一挙に紹介するわ。家事事件はどこでも扱っているから居住地から最寄りの家裁に費用や必要書類などを問い合わせてみて。

広告

北海道:調停離婚を行う家庭裁判所

札幌家庭裁判所 岩見沢支部・室蘭支部・小樽支部・滝川支部・浦河支部・岩内支部・苫小牧支部・夕張出張所・静内出張所
函館家庭裁判所 江差支部・松前出張所・八雲出張所・寿都出張所
旭川家庭裁判所 名寄支部・紋別支部・留萌支部・稚内支部・深川出張所・富良野出張所・中頓別出張所・天塩出張所
釧路家庭裁判所 帯広支部・網走支部・北見支部・根室支部・本別出張所・遠軽出張所・標津出張所

青森:調停離婚を行う家庭裁判所

青森家庭裁判所 弘前支部・八戸支部・五所川原支部・十和田支部・むつ出張所・野辺地出張所

岩手:調停離婚を行う家庭裁判所

盛岡家庭裁判所 花巻支部・二戸支部・遠野支部・宮古支部・一関支部・水沢支部・久慈出張所・大船渡出張所

宮城:調停離婚を行う家庭裁判所

仙台家庭裁判所 大河原支部・古川支部・石巻支部・登米支部・気仙沼支部

秋田:調停離婚を行う家庭裁判所

秋田家庭裁判所 能代支部・本荘支部・大館支部・鹿角出張所・横手支部・大曲支部・角館出張所

山形:調停離婚を行う家庭裁判所

山形家庭裁判所 新庄支部・米沢支部・鶴岡支部・酒田支部・赤湯出張所・長井出張所

福島:調停離婚を行う家庭裁判所

福島家庭裁判所 相馬支部・郡山支部・白河支部・会津若松支部・いわき支部・棚倉出張所・田島出張所

茨城:調停離婚を行う家庭裁判所

水戸家庭裁判所 土浦支部・下妻支部・日立支部・龍ケ崎支部・麻生支部

栃木:調停離婚を行う家庭裁判所

宇都宮家庭裁判所 真岡支部・大田原支部・栃木支部・足利支部

群馬:調停離婚を行う家庭裁判所

前橋家庭裁判所 高崎支部・桐生支部・太田支部・沼田支部・中之条出張所

埼玉:調停離婚を行う家庭裁判所

さいたま家庭裁判所 越谷支部・川越支部・熊谷支部・秩父支部・久喜出張所・飯能出張所

千葉:調停離婚を行う家庭裁判所

千葉家庭裁判所 佐倉支部・一宮支部・松戸支部・木更津支部・館山支部・八日市場支部・佐原支部・市川出張所

東京:調停離婚を行う家庭裁判所

東京家庭裁判所 立川支部・八丈島出張所・伊豆大島出張所

神奈川:調停離婚を行う家庭裁判所

横浜家庭裁判所 川崎支部・相模原支部・横須賀支部・小田原支部

新潟:調停離婚を行う家庭裁判所

新潟家庭裁判所 三条支部・新発田支部・長岡支部・高田支部・佐渡支部・村上出張所・十日町出張所・柏崎出張所・南魚沼出張所・糸魚川出張所

富山:調停離婚を行う家庭裁判所

富山家庭裁判所 魚津支部・高岡支部・砺波出張所

石川:調停離婚を行う家庭裁判所

金沢家庭裁判所 小松支部・七尾支部・輪島支部・珠洲出張所

福井:調停離婚を行う家庭裁判所

福井家庭裁判所 武生支部・敦賀支部・小浜出張所

山梨:調停離婚を行う家庭裁判所

甲府家庭裁判所 都留支部

長野:調停離婚を行う家庭裁判所

長野家庭裁判所 飯山出張所・上田支部・佐久支部・松本支部・木曾福島出張所・大町出張所・諏訪支部・飯田支部・伊那支部

岐阜:調停離婚を行う家庭裁判所

岐阜家庭裁判所 大垣支部・高山支部・多治見支部・御嵩支部・郡上出張所・中津川出張所

静岡:調停離婚を行う家庭裁判所

静岡家庭裁判所 沼津支部・富士支部・下田支部・浜松支部・掛川支部・熱海出張所・島田出張所

愛知:調停離婚を行う家庭裁判所

名古屋家庭裁判所 岡崎支部・豊橋支部・一宮支部・半田支部

三重:調停離婚を行う家庭裁判所

津家庭裁判所 松阪支部・伊賀支部・四日市支部・伊勢支部・熊野支部・尾鷲出張所

滋賀:調停離婚を行う家庭裁判所

大津家庭裁判所 彦根支部・長浜支部・高島出張所

京都:調停離婚を行う家庭裁判所

京都家庭裁判所 園部支部・宮津支部・舞鶴支部・福知山支部

大阪:調停離婚を行う家庭裁判所

大阪家庭裁判所 堺支部・岸和田支部

兵庫:調停離婚を行う家庭裁判所

神戸家庭裁判所 伊丹支部・尼崎支部・明石支部・柏原支部・姫路支部・社支部・龍野支部・豊岡支部・洲本支部・浜坂出張所

奈良:調停離婚を行う家庭裁判所

奈良家庭裁判所 葛城支部・五條支部・吉野出張所

和歌山:調停離婚を行う家庭裁判所

和歌山家庭裁判所 田辺支部・御坊支部・新宮支部・妙寺出張所

鳥取:調停離婚を行う家庭裁判所

鳥取家庭裁判所 倉吉支部・米子支部

島根:調停離婚を行う家庭裁判所

松江家庭裁判所 出雲支部・浜田支部・益田支部・西郷支部・雲南出張所・川本出張所

岡山:調停離婚を行う家庭裁判所

岡山家庭裁判所 倉敷支部・新見支部・津山支部・玉野出張所・児島出張所・玉島出張所・笠岡出張所

広島:調停離婚を行う家庭裁判所

広島家庭裁判所 呉支部・尾道支部・福山支部・三次支部

山口:調停離婚を行う家庭裁判所

山口家庭裁判所 周南支部・萩支部・岩国支部・下関支部・宇部支部・柳井出張所・船木出張所

徳島:調停離婚を行う家庭裁判所

徳島家庭裁判所 阿南支部・美馬支部・池田出張所・牟岐出張所

香川:調停離婚を行う家庭裁判所

高松家庭裁判所 丸亀支部・観音寺支部・土庄出張所

愛媛:調停離婚を行う家庭裁判所

松山家庭裁判所 大洲支部・西条支部・今治支部・宇和島支部・愛南出張所

高知:調停離婚を行う家庭裁判所

高知家庭裁判所 須崎支部・安芸支部・中村支部

福岡:調停離婚を行う家庭裁判所

福岡家庭裁判所 飯塚支部・直方支部・久留米支部・柳川支部・大牟田支部・八女支部・小倉支部・行橋支部・田川支部・甘木出張所

佐賀:調停離婚を行う家庭裁判所

佐賀家庭裁判所 武雄支部・唐津支部・鹿島出張所

長崎:調停離婚を行う家庭裁判所

長崎家庭裁判所 大村支部・佐世保支部・平戸支部・壱岐支部・五島支部・厳原支部・島原支部・諫早出張所・新上五島出張所・上県出張所

熊本:調停離婚を行う家庭裁判所

熊本家庭裁判所 玉名支部・山鹿支部・阿蘇支部・高森出張所・御船出張所・八代支部・水俣出張所・人吉支部・天草支部・牛深出張所

大分:調停離婚を行う家庭裁判所

大分家庭裁判所 杵築支部・佐伯支部・竹田支部・中津支部・豊後高田出張所・日田支部

宮崎:調停離婚を行う家庭裁判所

宮崎家庭裁判所 日南支部・都城支部・延岡支部・日向出張所・高千穂出張所

鹿児島:調停離婚を行う家庭裁判所

鹿児島家庭裁判所 名瀬支部・加治木支部・知覧支部・川内支部・鹿屋支部・種子島出張所・屋久島出張所・徳之島出張所・大口出張所・指宿出張所

沖縄:調停離婚を行う家庭裁判所

沖縄家庭裁判所 沖縄支部・名護支部・平良支部・石垣支部

【コトエ・ロイヤルビッチマンの結論】

ここまで離婚に関して散々書いたけれど、決して離婚を煽っているわけじゃないの。フリーの男が日本に増えるって点では歓迎できるわ。でも、慰謝料や養育費を抱えた男を野に放たれてもねぇ…。

結婚紹介サービスを運営しているオーネットがバツイチの女性を対象に行ったアンケートでは、「離婚しなければ良かったと思うことがある」に37%がYesと回答しているわ。主な理由は以下の通り。

「経済的に苦しい時や子供に構ってあげられない時」(30代・会社員)
「子供の運動会や授業参観など両親が揃っていた方が良いと思った」(20代・アルバイト)
「お金の面と1人で家にいる時」(30代・派遣社員)
「街で家族連れや微笑ましい夫婦を見かけた時」(40代・会社員)

今の状態から抜け出したい時の手段は離婚だけではないと思うの。もちろん、離婚という選択肢も全然アリよ。現に過半数以上の63%は「離婚をしなければ良かった」と思うことは皆無なワケだから。

「ストレスがなく子供にも優しく接することができるようになった」(20代・会社員)
「借金、暴力、浮気…と地獄だったので全く後悔していない」(30代・アルバイト)
「気持ち的にラクに過ごせている」(30代・公務員)
「あのまま暮らしていたらと思うと怖い」(40代・パート)

一秒先のことだって分からないのに、その選択が未来の自分にどんな影響を及ぼすか?なんて誰も分からないわよね。でも、もしも浮気が原因で離婚を考えているようなら、確実に慰謝料を取れて調停や裁判で有利になれるような証拠を掴むことが何よりも重要。

夫婦の問題に詳しいカウンセラーが在籍している探偵社もあるから、復縁を考えた方が良いのか?離婚を考えた方が良いのか?など、迷っていることも含めて包み隠さず相談すると、膨大な経験値と専門的な知識から、最善の方法を一緒に考えてくれるわよ。

★女性には女性のカウンセラー、男性には男性のカウンセラーがサポートする総合探偵社MR

☆夫婦カウンセラー資格保持者が在籍しているTS

コトエ・ ロイヤルビッチマン

投稿者: コトエ・ ロイヤルビッチマン

フーテン気質なパンダ似。昭和生まれの独り身だけど心はいつでもトレンディ。「今後とも御贔屓にしてくださると嬉しいわ!こっそりツイッターもやってるわよ」