浮気相手へのプレゼントBEST3⇒そんな○○持ってた?

広告

不倫相手から貰うプレゼント

プレゼント

不倫相手との関係はパートナーに気付かれないように細心の注意を払って継続されるもの。しかし、その認識が双方で完全に一致していないことも多々あります。それが誕生日や記念日などのプレゼント。『許されない関係』だと頭では分かっているのに、どうしても自分の存在を形にして託そうと、プレゼントを渡してしまうのは女性の方が顕著です。

そこで今回は、不倫相手が贈るプレゼントについて、まとめてみました。こんな○○持ってたっけ?自分で買ったことないよね?そんな些細な疑問が、まさかの不倫に繋がっているかもしれません。

不倫カップルのプレゼント:定番は消えモノ!

ゴールデンウィークだわね…。最大9連休ですって。羨ましいわ。アタシ?暦通り。全く休みがない人も多いから贅沢を言うつもりはないけれど、休み中にも『休み明けで良いので対応お願いします』って、くだらない業務連絡が来ることに対しては甚だ不満。だったら休み明けに連絡をよこしなさいよー!!

あらやだ、自己紹介が遅れたわ。本日も当ブログは、コトエ・ロイヤルビッチマンがお届けします。今流行りの言い方だと、コトエ・ロイヤルビッチマンメンバーよね。未成年にキスは迫っていないけれど、生き方は猥褻。書類送検もされていなければ、示談する相手もいないから、どうやって社会に償えば良いのか分からないことが人生の課題よ。

それでは早速、今回のテーマ「浮気相手へのプレゼント」をお送りするわ。定番は証拠が残らない「消えモノ」ですって。まずは、不倫相手の女が既婚男へ贈るプレゼントからチェック!

不倫相手の女が既婚の男へ送るプレゼント

妻から夫へのプレゼントは、実用性が高いものや自宅で寛げるものが人気。例えば、仕事で使う名刺入れや革靴、あるいは自宅で疲れを癒すマッサージグッズや安眠グッズ。妻だからこそ夫のことを「分かっている」ポイントが幾つかあって、この色が好き、このことで悩んでいた、これを欲しがっている、など相手を思いやることが大前提。一方、不倫相手の女が選ぶプレゼントは、実用性にプラスアルファして、どこか自分の存在を知らしめるものが多数。第3位から発表よ。

第3位 ネクタイ

ネクタイ

妻からのプレゼントでもネクタイは上位に入ることがあるけれど、どちらかと言えば恋人関係の時に選ぶアイテムよね。なんて言うのかしら、結婚すると、お財布が一緒になる夫婦って多いじゃない?そうなるとネクタイって生活必需品の一部になりがちで「特別に贈る」って感じじゃなくなると思うの。ファッションと価格の絶妙なバランスが最も重要で、わざわざ妻の存在をネクタイでアピールしようとも思わないでしょ。愛情が薄れたとかじゃなくて、そんな道楽じゃないのよ、生活って。

ところが、不倫相手の女にとって、ネクタイは自分の存在を確かめることのできるアイテムの1つ。『不倫相手の58%は職場関係』だから、「私が選んだものを身に付けて働いているわ~」って、会社で確認できるのよ。燃え上がるはずよね、そういう思考回路って。夫婦だと、いちいち「私が選んだものを身に付けて会社へ行ったわ~」ってならないでしょ。「買ってやったのに、なんで使わないのよ!」って腹が立つことは多々あっても。しかも、不倫女がイチイチ言うわけよ。
「このネクタイ…、使ってくれたんだ…、ありがと」
あー、やだやだ、書いているだけで虫唾!!

腕時計やスーツは奥さんにバレる。高級だし持っている数に限りがあるから。でもネクタイやカフスは1つ2つ増えてもバレない。いざとなったら、自分で買った、会社の人に貰った、そんな言い訳だってできる。そんな浅ましい心理も働いていると思うわよ。なんなら上級者は会社で受け取って、会社で身に付けて、会社に保管して、自宅へ持ち帰らないの。ネクタイなんて、そうそう洗うものでもないし。

第2位 旅行

旅行

普段は一緒に過ごせないものね。でも不倫相手のことを本当に想っているのなら、図々しいプレゼントよ、これ。相手の家庭に波風が立つ可能性だってあるのに、自分が一緒にいたいだけでしょ。でも、一緒に旅行へ行きたい!なんて駄々をこねると、分別のない重い女だと思われてしまう。そこで、プレゼントという都合の良い形で、旅行を強行しようとするわけ。計画性と自己愛に溢れるタイプだわ、犯罪者に多いタイプ。揉めた時に初めて、こういう女の異常性に気付くのよ。

好きな人と旅行に行きたいって気持ちは分からなくもないわよ。夏休みも年末年始も、それこそGWだって家族サービスに行ってしまって孤独なんでしょ。でも、だったらなおさら、そこを一緒に過ごしてくれる相手を選びなさいよ!って話。「この人じゃないとダメ」でも、その人は空いてないの。「何が何でも通路側が良い」って主張しても、通路側が埋まっていたら、窓際に座るしかないの。数に限りがあって、早い者勝ちなの!!

憶測だけど、この場合のプレゼントは温泉でしょうね。「日頃の疲れを取って欲しいから…」なんて気の利くフリをして、火照った身体を抱いてもらおうって魂胆よ。アタシね、こういうね、相手を想うような言動で自分の要望を押し通そうとする人が一番嫌い!見透かすの、すぐに。こうして欲しいから、こう言ってるんだろうなって。『休み明けで良いので対応お願いします』も、本当はメールを読んだらやってくれ、って意味なのよ。だから絶対にやらないわ。

普段から出張が多い夫なら気付きにくいかもしれないけれど、土日に1泊の不自然な出張や、いつもは買って来ないのに土産があったら(その逆で、いつもは買って来るのに何も土産がない等、通常とは違うことがあったら)要注意よ。

第1位 ワイン・お酒

ワイン

高級ワインや幻と言われている酒など、価値が高いものを贈る傾向があるの。お酒って、消えモノって点でも優れているし、ホテルや不倫相手の自宅で消費できるから、奥さんにバレる可能性も低いでしょ。さらに、「高級なワインを2人で飲んだ」なんて、想い出まで共有できるし、不倫相手の贈り物としては最良の選択。敵ながらセンスの面では合格よ。

広告

ただね、厄介なのはワインや日本酒に合うおつまみを、不倫相手が作ってしまうこと。ラブホじゃ無理だけど、不倫相手の自宅で飲む場合、アピールしちゃって、手のこんだ料理を用意しちゃうのよ。そんなもん、前日にクックパッドで調べたんだろーが。家庭的でも何でもないっちゅーねん!そう野次れるのは部外者だからこそ。当事者、特に男は、女の料理を過大評価するから、何だろうね、家庭的なイイ女だと錯覚しちゃうのよね。家庭的な女が不倫なんかするかいな。その矛盾に気付く男は、そもそも不倫なんてしないと思うの。

不倫相手の男が既婚の女へ送るプレゼント

今度は逆。既婚女性が夫以外の男と付き合っていた場合、男は既婚女性に何をプレゼントするのか?傾向としては似ているわよ。「消えモノ」が定番。でも、独身男性(または既婚男性)×既婚女性の場合、既婚男性×独身女性とは決定的に違って、既婚女性と不倫をしている男の大半は、女性の家庭を壊してまで奪い取る気は毛頭ないの。独身女性が持っている強烈な闘争心もないから、プレゼントで自分をアピールするわけでもないし。よって、「バレにくいものであること」が大前提よ。

第3位 ピアス・イヤリング

ピアス

理由が同じだから、第2位も続けて発表しちゃうわね。

第2位 化粧品

化粧品

これ、世の中の夫に問いたいんだけど、妻が持っているピアスやイヤリング、化粧品って、どれくらい把握している?ほとんどの男性は「全く知らない」って答えるんじゃないかしら?その物に対する興味の有無も多少は関係しているかもしれないけれど、そもそも「妻が自分で買うもの」よね。妻が夫のネクタイやハンカチを買うように、夫が妻の口紅やファンデを買って「これ使って」って与えていたら、そっちの方が衝撃的!!

しかも、これ女の人の悪いところだけど、化粧品って全部使い切っていないのに、新しいものを買い足すでしょ。なんで?別の商品を使ったからと言って、さほどキレイにならないって自分が一番分かっているはずなのに。「私、コスメジプシーなんですよ」なんて言う人もいるけれど、違うって!化粧品が合わないんじゃないの、その状態でベストなの!!どう頑張っても若い頃には戻らないし、年相応の美しさって表面的な部分だけじゃ出て来ないの!

だから、口紅が増えようと、ナイトクリームが増えようと、夫にバレることはないわ。もっと言えば、ピアスやイヤリングどころか、洋服だって「新しいの買ったんだねー」くらいにしか思わないかもね。妻への興味がないんじゃないの。そういう物への興味がないの。夫のライターが新しくなっても気にならないでしょ?それと一緒。

第1位 エステ・スパなどの利用券

スパ

贅沢な時間を体験できて、なおかつ消えモノでバレにくい。さらに今のご時世、チケットも紙じゃなくて、スマホ画面を見せるだけ。しかも、日常生活で疲れている女性にとって、この手の空間のプレゼントは最高のご褒美。もしアタシが不倫していて、こんなプレゼントを貰ったら、間違いなく不倫関係の継続を決定するわね。

 

行きたいのよ、エステやスパ、マッサージでも構わないわ。でも、みんな家計とにらめっこをして諦めているの。夫が、お小遣いをコツコツと貯めて、誕生日とかにプレゼントしてくれたら、どんなに幸せなことか!!「今日は俺が料理を作ってあげる」とか、要らないの、そういうの。いつも自分がやっていることを、今日だけオマエがやるから感謝しろってか!!違うのよ、非日常の空間が欲しいの。

以上が第1位~第3位。やっぱり不倫相手の女→既婚男性へのプレゼントと、大きく違うポイントが「時間や意識の共有」ね。「旅行&お酒」は一緒に楽しめるプレゼントだけど、「エステ・スパ」は相手が一人だけでも楽しめるプレゼント。「ネクタイ」は身に付けていることを贈り主自身も確認できるけれど、「化粧品」は使ったところで贈り主も気付かない。

よって、不倫相手の男→既婚女性へのプレゼントの方が圧倒的にバレにくいわ。もしかしたら、不倫相手の女→既婚男性へのプレゼントは、贈った女の心情的に少しバレて欲しい気持ちもあるのかもしれないわね。

【コトエ・ロイヤルビッチマンの結論】

プレゼント

「嫁が見たことのない下着を持っているんだよ」
先日、同級生が唐突に言ったの。別に良くない?趣味が変わっただけじゃない?ってアタシは思ったのよね。化粧品と同様で、下着だって奥さんが自分で買うものでしょ?見たことのないものがあるから何だって言うのよ。

「そうじゃなくて、今までは白とか薄いピンクだったのに、派手な色ばかり」
なるほどね。同級生の奥さんも同い年なの。要するに40代。それは間違いなく尿漏れ対策。白とか薄ピンクじゃ色々と不都合だもの。原色か濃い色じゃないと困るわけ。

「でも履いているところを見たことがないんだ」
深い溜め息を吐いたわ。化け損ねたタヌキみたいな体型で、逝き損ねた地縛霊みたいな顔をして。それなら聞いてみればいいじゃない!浮気なんかする人じゃないでしょー。そうやって無責任に言ってみたものの、よく考えるとアタシ、その奥さんのことをよく知らないのよ。趣味は旅行で、お笑い番組が好きで、冬は苦手な喫煙者。家事は得意で、下ネタも大丈夫で、O型・乙女座・乾燥肌。手土産には和菓子をチョイスして、やや神経質な典型的長女。
結局、知っているつもりになっていても、彼女が見えないところで何を考えて、どんな行動をしているのか?なんて分かっていないのよね。

「爽やかな兄貴キャラでワイセツなイメージがなかった」
連日、某メンバーがそう言われているように、人の本質的な部分って隠れているんだと思うの。だから、芸能人だけじゃなくて身近な人でも浮気が明るみになると「そんなことをする人とは思わなかった」って、周りは驚くでしょ。それは家族でさえも。100%理解しているつもりでも、別の個体である以上、絶対なんてないんだから。

贈った覚えのない物は、もしかしたら他の誰かからのサインかもしれない。バレないように工夫をしているからこそ、分かりにくい贈り物が多いことを念頭に入れて、日頃から相手の持ち物を観察しておくのよ。

妻の化粧品、把握している?
夫のライター、分かっている?
興味がないものこそ、狙われるからね!!

コトエ・ ロイヤルビッチマン

投稿者: コトエ・ ロイヤルビッチマン

フーテン気質なパンダ似。昭和生まれの独り身だけど心はいつでもトレンディ。「今後とも御贔屓にしてくださると嬉しいわ!こっそりツイッターもやってるわよ」