総合探偵社MRの口コミ・体験談

広告

5年連続業界No.1!総合探偵社MR

年間15,000件以上の浮気相談を受けている国内トップクラスの大手優良探偵社と言えばMR!『弁護士が選ぶ探偵事務所No.1』にも選ばれるなど、圧倒的な信頼感と調査力を武器に、「真実の先にある幸せ」を掴むまでお手伝いをしてくれます。

こんにちは。本日もナビゲーターはアタクシ、コトエ・ロイヤルビッチマン。今回は、やたらと人気がある総合探偵社MRについてお伝えするわ。調査実績、サポート力、対応エリア…、どこを切り取っても完璧なのには、きちんとした理由があるのよ。

  知恵は経験の娘である。

                  レオナルド・ダ・ヴィンチ

総合探偵社MRの社長は女性。結婚→浮気をされた→浮気調査を依頼→そして離婚。この一連の流れを経験された方なの。これって大きな意味を持つわ。調査力は確かに大事よ、何よりも大切だと言っても過言じゃないくらい。でも浮気をされた経験もない人が本当に寄り添えるのか?は疑問よね。調査をして、証拠を握って、それで終了でも構わないのなら話は別だけど、ほとんどの人にとって、浮気調査は思い詰めた結果、辿り着いた最後の決心。浮気の証拠を手にしても震えるだけで、全く先が見えなくなることだってあると思うの。

MRが本領を発揮するのは、証拠を掴んだ後のステップ。アフターフォローにも定評があって、どうしたら良いのか分からない人には無料で認定カウンセラーが相談に乗ってくれるわ。

MRが心がける「居心地の良い相談所」

空間

全部じゃないけれど…探偵事務所って電話を掛けると男の担当者が出ることが多いのよ。調査員が直に相談を受けるスタイルなのかもしれないけれど、何て言うんだろ…男と女じゃ感じ方が全く違うでしょ。過程を大事にする女性と要点をまとめたがる男性じゃ、アプローチの仕方も違うし。すぐに結論を出さないのが女の会話。そんな基本的な部分さえ分かっていない男が多いから、浮気相談のつもりで電話をしたのに、すぐにセールストークが始まっちゃう傾向が強いの。

なんかさ、それって急かされている気にならない?そりゃ、向こうも仕事だって知っているわよ。でも、この手の人間って、契約前と契約後じゃ対応が違うことが多いのよね。探偵に限ったことじゃないけれど。実際に国民生活センターに寄せられる探偵・興信所の苦情で多いのは、契約や料金に関するクレーム。テンポよく契約まで進めて、契約後に「それは聞いていない」と思っても、時・既に遅しよ。

総合探偵社MRは、そんな探偵業界の現状から目を背けることなく、女性でも居心地良く安心して相談できる雰囲気作りを重視しているわ。よって、スタッフも女性が多め。一方、女性に浮気相談をすることに抵抗感のある男性には、男性カウンセラーが対応してくれるの。そこまで配慮をしてくれる探偵社が他にある?これ、MRの社長自身が浮気調査を依頼した経験があるからこそ気付いたポイントだと思うの。

誰もが安心して相談できる空間づくり。アタシが働く会社には、まったくない空間だけど、信頼関係を築くうえでは最も大切な項目。経験を仕事に活かした女性だけあって、さすがの着眼点だわ。

カウンセリング制度は業界初

カウンセリング

証拠を掴んだ先のことまで一緒に考えるサポート体制が、利用者から高く評価されているMRだけど、今じゃ珍しくないカウンセリング制度の導入を業界で初めて取り入れたのはMRよ。ま、正直ね、カウンセリングって謳っていても、何の役にも立たない人が話を聞いているだけの探偵社もあるわけよ。しかも、有料だったりするの。その点、MRのカウンセラーは一般社団法人ライフメンターカウンセラー(認定カウンセラー)が在籍していて、調査報告期間中や調査報告後に1ヶ月なら無料でカウンセリングを受けられるわ。

弁護士の紹介も、他の探偵社は1~2社の弁護士事務所としか提携していないことが多いけれど、MRは10社と提携。その中で利用者の案件に強い弁護士を2人まで1時間無料で紹介してもらえるわ。これもひとえに、不安を抱えたままの利用者に笑顔を取り戻して欲しいから。再び笑顔になることなんて、そんなに簡単なことじゃないって分かっているはず。でも、できることはしてあげようと一生懸命に取り組んでいるの。そういう献身的な探偵社なのよ!

相談者が心から「頼りになる」と思えるような存在になることを常に目指し、大手探偵社となった今でも、新しい試みやサービスを追求し続ける総合探偵社MR.利用者の声を聞いてみましょ。

総合探偵社MRの口コミ・評判・体験談

最初、費用が高いと思いましたが、心が折れそうな時、毎日のように相談に乗っていただき、カウンセリングだけでも十分価値があると感じました。

広告

浮気調査は費用だけで決めちゃダメよ。調査力に関しては、はっきり言って試してみないと分からないじゃない?「あら、この探偵社の方が鮮明な写真ね」なんて、2社以上に同じ条件で調査させてみないと判明しないんだから。ただ、問い合わせの段階で対応力や相談者との向き合い方は比較できるわ。

この方は「毎日のように相談に乗って頂いた」って言っているけれど、探偵社によっては『調査中の連絡は調査に支障をきたすためご遠慮願います』とか『連絡は途中経過1回と結果報告1回のみです』とか、あらかじめ制限を設けているところもあるの。それだと毎日の相談は無理。状況や気持ちは常に変化するものだから、それを心に閉じ込めないで吐き出せる環境を作ってくれていることは高ポイントね。

調査依頼が当日になってしまったり、突然予定が変わってしまったりしても対応して下さり、早期に結果を出して頂いたことに感謝しております。

探偵事務所って日本国内に5,600以上もあるけれど、その80%程度が個人事務所。個人事務所より大手事務所の方が優秀だなんて、断じて言うつもりはないわ。思ってもいないし。ただ、規模の差って確実に存在するのよ。1~2名で運営している個人探偵事務所と、常時10名以上の相談員と40~50名の調査員が配置されているMRじゃ、急な変更に対応できる可能性が格段に違うもの。

ちなみに24時間相談受付中!って謳っているのに、真夜中の電話は転送だったりすることも多々あるわ。真剣に悩んでいるのに寝ながら電話に出られて御覧なさいよ。泣きたくなるでしょ!世間から馬鹿にされている気がして。総合探偵社MRは24時間365日、シフト制のフルタイム常勤。いつでも相談者と真剣に向き合う準備ができているわ。

総合探偵社MRに感じる唯一のデメリット

デメリット

メリットばかり書き連ねる提灯記事は、そこら辺に転がっているでしょ。また、そういうのに限って検索上位に並んでいるのよね(怒)。誤字・脱字だらけのクソ記事が上位でアタシのブログは忽然と姿を消したまま。Google先生、何やってんのよ!!ホント役に立たないんだから。

このブログ、検索結果に出て来ないことを逆手に取って「MRのココはどうなのよ」って思うところを隠さずにお伝えするわ。それが調査料金について。電話、メールでは料金体系の提示ならびに見積もりはしてもらえないのね。

「お見積もりは対面でのヒアリング後にご提示いたします。実際にお会いし、ヒアリングをさせて頂いたうえで最適なプランを提案させて頂いております」ですって。ヒアリングって、電話で充分じゃない?電話で現状を一通り伝えたのに、「対面で詳細を」なんて言われても、もう話したっちゅーねん!って思うのよ。

電話やメールで調査料金を比較して「この金額なら許容範囲内」って思えた探偵社とだけ面談をしたいもの。だって無駄に感じない?払えもしない料金かもしれないのに、時間をかけて詳細を説明するなんて。もちろん、MRがこのようなシステムを取っているのには理由があって、冒頭にも伝えた通り、探偵へのクレームは契約や料金に関することが大部分を占めるから、対面できちんと話し合って、納得したうえで契約を交わしたいと考えているそうなの。

早い話が生真面目なのよね…。探偵のグレーなイメージを払拭して、人間性を高められる組織にしたいと考えている優等生的な探偵社よ。安心度は◎、全国対応可、利用者満足度94.7%、分割・カード払いOK!

【コトエ・ロイヤルビッチマンの結論】

「寄り添う」って言葉では簡単だけど、経験がないと失礼に感じる時もあるの。アタシの知人で数年前に旦那さんを病気で亡くした人がいるのね。アタシ、泣き崩れる知人を見ているだけで何も言葉を掛けてあげられなかったわ…。「頑張って」も違うだろうし「大丈夫?」も違うと思うの。大丈夫じゃないのに、大丈夫って言ってしまう時ってあるじゃない?他人に頼るのって本当は難しいことだし、そこも理解してあげないといけないと思うの。

その時、ひとりの女が「みんな黙って見てるだけ?冷たいんじゃない?」なんて善意だか何だか知らないけれど、でしゃばっちゃって、彼女の肩を撫でながら言ったわ。

「分かる、分かるよ。辛い気持ち、私には分かるから。私も去年、サクを亡くして泣きはらしたでしょ。サクのいない毎日に何の希望も持てなかったけれど、こうして立ち直れた。だからきっと時間が解決してくれるはず」

サクって…。おめぇんちで飼ってたウサギじゃねーかよ!!!そりゃペットでも悲しいだろうよ。でも、旦那を亡くした人に、ウサギの話を持ち出して『分かるよ』って同調する神経に唖然。バカなの?ブスなの?獣姦でもしてらしたの?ただ、本人は正しいと思っているのよね、その毅然とした言動を。

この世はいつも、頓珍漢なアドバイスで溢れているわ。占い師も霊能者もカウンセラーも自称を付けずに平然と名乗る人が多いし、上司も同僚も友人も「話、聞いてた?」って思うようなアドバイスをドヤ顔ですることだってあるでしょ。迷惑なだけ。本当の意味で寄り添えるのは、同じ経験を持つ人のみ。経験豊富で資格も持っているカウンセラーと浮気をされた経験、浮気調査を利用した経験を持つ創業者。両者が揃っているからこそ、MRは「相談者に寄り添ってくれる探偵社」と高い評価を受け続けているんだと思うわ。

最も性欲が強い動物はウサギ。毎日が発情期よ。

コトエ・ ロイヤルビッチマン

投稿者: コトエ・ ロイヤルビッチマン

フーテン気質なパンダ似。昭和生まれの独り身だけど心はいつでもトレンディ。「今後とも御贔屓にしてくださると嬉しいわ!こっそりツイッターもやってるわよ」