不倫妻の傾向<不倫をする妻たちに共通する特徴>

不倫する妻たちの特徴

近年、急増している女性の不倫。既婚男性につきまとうハエのような独身女性のことではありません。結婚をして子供を産んでも、母としてではなく、一人の女性として見られたい妻たちによる不倫です。

妻たちが不倫をする背景には様々な理由がありますが、幾つか共通した特徴があるようです。自分の妻に限って…そんな考えはデンジャラス。奥さまに当てはまる項目がないか?一緒にチェックしてみましょう。

浮気をしてしまう女性の心理

女性

こんにちは。コトエ・ロイヤルビッチマンよ。今回は、メンズに読んでもらいたい妻たちの浮気について。なんだろね、夫の浮気よりも妻の浮気の方が、ショッキングって言うか、世の男性の多くは、なんだかんだ言っても、女性に対して少し幻想を抱いている部分があるでしょ。浮気をする女なんて、ごく一部の尻軽オンナや性悪オンナだって決め付けているフシがあると思うの。

男性で性欲が無い人だっているように、女性で性欲が旺盛な人だっているし、それって特別なことじゃないわ。食欲や物欲と同じで、人の欲に男も女も関係ないんだから。でも、性欲じゃないことが多いのよ、不倫妻の特徴って。ムラムラしてヤっちまった男の浮気とは事情が異なるわ。

<不倫妻の特徴1:寂しさを感じている>

多忙な夫と親離れをした子。家庭内でのコミュニケーションが減るにつれて、増してゆく寂しさを埋めるために始めてしまった出会い系。最初は会うつもりなんてなかったかもしれないの。何気ない会話をするだけで、心の隙間が少し満たされて、そうしているうちに会ってみたくなって…。その気持ちの流れは自然だわ。

最初からコミュニケーションを図らない相手と結婚したのなら、寂しさが募ることもないでしょうね。アタシは一緒に住むなら静か過ぎる人が理想なの。喋りかけない、独り言も言わない、音を立てない。それを追求したら、観葉植物や置き物になってしまったけれど。

特に専業主婦の場合は、買い物や用事以外は家の中にいることが多くて、夫との会話に喜びを感じるわ。些細なことで良いの。妻との会話を意識してあげて。もちろん、会社の愚痴とかテメーのことだけ喋り倒すなんて論外よ。奥さんの日常に興味を持つことが大切だわ。

「何してた? 濡れた気持ちは 初夏の露」

<不倫妻の特徴2:夫からの愛情を感じない>

かく言うアタシは観葉植物や置き物から愛情を感じないの。たまにいるけれどね。「私のために花を咲かせてくれた」とか「私の身代わりとなって壊れたんだ」って言う人。その手の人は言わずもがな独身ですよー。ま、やべぇヤツでも結婚しているから、独身を卑下することはないわ。

でもね、結婚って、当人同士はどう感じているか分からないけれど、ハタから見ると、やっぱり何かしらの共通点があったりするのよ、人格的に。例えば、アタシの周りに、しょうもない男がいるの。出しゃばりで自意識過剰で、そのくせブサイクで。当然、未婚だと思っていたら結婚していて驚いたわけ。しかも、奥さんはものすごく美人で、気も利くし、品もあるし、どうしたもんかと思っていたら「たまに読者モデルをやっているんです」って言っていて、合点がいったわ。ああ、なるほどね、やっぱりアタシのデータに狂いは無いわ、って。

早い話が理解者なんだと思うのよ、夫婦って。結婚当初は価値観だって似ていたと思うし、会話やスキンシップだって多かったと思うの。でも、いつまでも結婚当初のテンションを維持できるわけもなく、会話やスキンシップは残念ながら減ってしまいがち。そうなった時に、自分自身を責めてしまう女性が多いことを、夫となる男性には知って欲しいの。私に魅力がなくなってしまったんだ、って思っちゃうのよ。交際中は愛されるより愛したいタイプだったかもしれないけれど、自然に少しずつ依存して、いつしか愛されるようになりたくなってしまうの。それも最愛の理解者から。

愛情表現が乏しい夫の妻ほど浮気をする傾向が強いのは、新たな理解者を探すと言うよりも、自分に自信を付けるための最終手段かもしれないわね。

<不倫妻の特徴3:刺激や変化を求めるタイプ>

刺激を求めがちな人ほど不倫をするわ。これは女性に限らず男性も同様でしょうね。暇やルーティンを好む人は、刺激や変化を求めないから、不倫の心配は少ないだろうけれど、平穏を退屈と捉えるタイプは危険大。結婚前とは置かれている状況が違うのに、我慢ならないのかも。

いつまでも新鮮な気持ちを保つなんて、お互いにとって酷なことだろうけれど、せめて褒め称えることはできるはず。一人暮らしだと、家事の手を抜いても、自分さえ目をつぶればやり過ごせたのに、結婚後の家事は夫や子供のために、一人暮らしの時よりも頑張っているのよ。例え散らかっているように見えても、それでも一人の時よりは頑張っているの!!

痩せてなくても「ちょっと痩せた?」で良いの。わざわざ「太った?」って感じの悪い言葉をチョイスしないで!日々の行動に感謝をするだけじゃなく、達成感に包まれるような伝え方を工夫しましょ。

浮気をしやすい性格

ここからは妻に限らず、夫にも当てはまるわ。とは言え、女性の勘と違って、男性の勘は鈍いし、浮気に対する警戒心も、妻より夫の方が圧倒的に少ないから、同じだけ当てはまっていても、妻の浮気の方がバレにくいのよね…。

<浮気をしやすい人の特徴1:自分の行動に自信がある>

私は絶対にバレない。浮気に限らず、嘘もヘソクリも女性の方がしたたか。しかも、嘘を突き通すための準備や後始末も完璧。アタシの知人で「夫に隠れてタバコを吸うこと20年」のベテランほら吹きがいるもの。夫は夫で本当に気付いていないみたい。彼女は、自宅では決して吸わず、職場もしくは出退勤時の駅で1箱全てを吸い尽くし、帰宅後は夫が戻る前にシャワー&洗濯。バッグやら持ち物は全てリセッシュ。歯磨きまで済ませて、大量の飴を舐めながら、夕飯の支度をしているとのこと。それでも匂いが残っていたら「コトエちゃんが吸うからね」の一言。

こういう風に前後の行動を完璧にしておけば、浮気はバレないと思っているし、たとえ心が痛んでも、それを表情や仕草には出すことなく、正々堂々と過ごすわ。それがオンナ。

男性でも、浮気をする人はバレない自信がある人の方が多くて、ご自分では器用だと思っているんでしょうね…。ただ、女特有の勘の前では、どんな準備も無駄で、女性の大半はすぐに気付いちゃうわ。恐ろしい生き物ね。

<浮気をしやすい人の特徴2:場の雰囲気に流されやすい>

特にお酒の場。お酒が好きな人って、お酒自体が好きな人と、お酒の場の雰囲気が好きな人って二手に分かれるでしょ。後者は、ろくでもない人間が多くて、飲み会にもやたら参加するのよね…。酒場特有のノリも好きだから、ちょっと積極的になっちゃったり、ボディタッチを繰り返しちゃったり、そんなこんなで流れに任せて、わりと簡単に肉体関係を結んじゃう可能性があるの。1つ言わせてもらいたいのは、決して尻が軽いんじゃないの。信念が軽いだけ。お酒のせいにしちゃえば、自分の心も肯定できるし。

そこに気持ちがないから、1回っきりで終わるだろうと思いきや、久しぶりに味わう別の男の感触って、わりとクセになるものよ。って、知らんけどね。

【コトエ・ロイヤルビッチマンの結論】

「絶対に浮気しないでよ」
「浮気をしたら離婚だからね」

そんな言葉を繰り返す妻=安心だと思っちゃダメ。こういう言葉は油断をさせるには効果的なの。アタシだって、よくするもの。浮気じゃないけれど。

「早く、早く」
そう言いながら手招きして、反対の手で「閉」ボタンを連打しているの、エレベーターで。自分の欲望は満たしたいけれど、相手に感じ悪く思われないように。

ここまで書いておいて擁護するわけじゃないけれど、妻の浮気の場合は、決してしたくてしているワケでもないと思うのよ。寂しさだったり、自分の癒しや居場所を求めた結果だったり、心のどこかでは「やめたい」って感じていると思うの。クスリで捕まった人が言うじゃない?「捕まえてもらって良かった」って。もっと言えば、クスリに走られるよりマシじゃない?

多くの探偵事務所では、男性からの浮気相談や浮気調査の依頼が増えていて、男性の場合は、慰謝料を請求して離婚してやる!みたいなニュアンスじゃなくて、妻を取り戻したいとか、妻の浮気をやめさせたいって気持ちが大きいみたい。

総合探偵社MRでは、女性相談員への相談に抵抗がある方や、男性相談員に話を聞いてもらいたい人のために、男性だけで構成されているカウンセリングチームを用意しているわ。それほど、男性の浮気相談は需要があって、今や普通のことなのよね…。相談だけなら無料だし、もし浮気をしていた場合、その後の対処法や復縁方法についても的確なアドバイスを貰えるから、一人で抱え込まないで、本当の意味での解決を目指しましょ!!

妻の不倫をやめさせることができるのは、夫しかいないのよ!!

弁護士費用に相場はあるのか?ー浮気が原因で離婚する場合

離婚の際の弁護士費用

費用

多くの探偵や興信所では浮気調査のアフターフォローとして離婚問題に強い弁護士を紹介しています。基本的に裁判は1日で終わることがなく、用意する資料も多いため、弁護士を利用した方が色々とスムーズ。しかし、弁護士費用は当然ながら無料ではありません。一体、どのくらいの料金が発生するのでしょうか?一緒に確認していきましょう。

探偵社が離婚問題に強い弁護士を紹介

暖かいわね、今日。ここ数日、割れるほど頭が痛いコトエ・ロイヤルビッチマンよ。今は治まったけれど、さっきまで激しい痛みで頭がペロンって割れるかと思ったんだから!原因は分からないわ。でも、思い当たるストレスはあるの。

Googleさんに聞いてみたのね。以下、ご覧下さい。

グーグル

こんなんで解決したら、平和な世の中よ。まだまだだわ、頑張って、Google!やっぱり必要に応じて専門家のヘルプは必要だと思うわけ。頭痛なら医師、浮気調査なら探偵、離婚なら弁護士、アホ社長なら労働局。ただ、労働局にアタシの悩みを訴えたところで、会社名を教えて下さい→そんな会社知らんがな、で終わっちゃうでしょ。結局は、そんなところでしか働けないアタシの能力の問題なのよね。不徳の致す所ジョージ。

さて、弁護士費用に話を戻す前に、おさらいとして浮気調査~弁護士紹介までの一連の流れを確認してみましょ。

1、浮気相談と浮気調査の依頼

調査

自力で浮気調査を行っちゃう強者もいるけれど、法律を認識していないと下手したら逮捕や書類送検よ。浮気調査って、プライバシーの侵害に陥りやすいのね。それは夫婦においても同じこと。

例)妻が夫のメールに自動転送設定を行い、夫宛に届いたメールを読めるようにした→不正アクセス防止法に抵触。違法行為として逮捕されたケースもあるわ。

他にも不倫相手の部屋の敷地内に無断で侵入してしまったり、敷地内にカメラを設置する行為も違法。これらの事案からも分かるように、自分自身で浮気調査を行うことはリスキーかつデメリット大。法律を深く理解して、しっかり遵守しながら、確実な証拠を掴んでくれる探偵社に調査を一任した方が確実よ。

ちなみに探偵の仕事は、2006年に施行された『探偵業法』に基づいて、適正な運営を行うように規制されているわ。一部を紹介するわね。

▼探偵業を開始するときには、都道府県の公安委員会に届出をしなければならない
▼違法行為を行わない
▼依頼を受ける際に、調査結果を違法行為に使わない旨の同意書をもらわなくてはならない
▼業務上で知り得た秘密は保持しなければならない 等。

法律とは関係ないけれど「絶対に浮気をしているわ!」って結婚相手に何度も探りを入れることで、「結婚生活を継続できない」として、相手から離婚請求をされるケースもあるの。この場合、裁判所が「結婚生活を継続しがたい状況である」と判断すれば、離婚は成立してしまい、相手側から慰謝料を請求される恐れだってあるわけ。

だからこそ、浮気の気配を感じ取ったら、静かに作戦を練らないとならないの。確実な証拠がないと言い逃れできるし、何度も詰め寄ったら「結婚生活を継続できない」なんて言われて、慰謝料まで払わされるのよ。不倫相手の思うツボ。離婚してくれて、お金までゲットできるなんて。

よって、浮気の気配を感じたら、まずは探偵へ浮気相談。いきなり契約をするんじゃなくて、電話対応の良さや調査費用、調査方法、証拠として提示される物…など、複数の探偵社を比較してから、納得のいく探偵に依頼してね。前回もお伝えした通り、キャンセル料についての確認もお忘れなく!

2、浮気調査の実行

調査

浮気調査の期間中は「お静かに」が鉄則。調査を成功させるためには、ターゲットを警戒させないことが最も重要。怒鳴り散らしたい気持ちは分かるけれど「冷静に、冷静に」って呟きながら気持ちを落ち着かせて、おとなしく結果の報告を待って。

とても便利で親切なサービスだけど、時として冷静さを失ってしまう、リアルタイム報告サービス。大手の探偵社では、AMUSEが取り入れているけれど、「不倫相手と合流しました」「今、ホテルにチェックインしました」なんて、残酷な報告がリアルタイムで届いてしまうから、冷静に受け止める自信がなければ、そのサービスは利用しない方がベター。夫の携帯に電話をして「どこで何してんの?知ってるのよ!」なんて言ってしまったら、今までと苦労と調査費用が水の泡。利用者(相談者)の不手際で、浮気調査がバレてしまった場合は、調査の途中でも一切返金されないことが多いわ。

3、アフターサポートで弁護士紹介

弁護士

残念ながら、パートナーが浮気をしていたと仮定するわね。どんなに傷ついても、不思議と復縁したい気持ちが芽生えることってあると思うの。情だったり、お子さんのことだったり、くやしいけれど愛だったり…。そういった場合は、だいたいの探偵社でカウンセラーによるアフターサポートがあるわ。証拠を使ってベストな復縁方法を一緒に考えてくれるの。たとえ復縁希望でも、証拠は絶対に必要。浮気に限らず何だって、証拠がないと誤魔化せちゃうし、誤魔化すことに成功したら、再び同じことを繰り返すもの。なぜって、それが人間の性。男の性でもあり女の性でもあるの。

一方、復縁なんて冗談じゃねーよ!離婚じゃ離婚じゃ!と思ったら、探偵社が提携している弁護士を紹介してもらうのが一般的。ALG探偵社響・Agentは、弁護士が運営する探偵社だから話が早いわね。その他の探偵社でも離婚問題に強い弁護士と提携していることが多いから(もしくは顧問になっている)、心強い味方になってくれるけれど、弁護士の紹介が無料のケースと有料のケースがあるから、紹介を受けたい場合は事前に確認しておくこと!

自分で弁護士を探すのって大変よね…。そもそも探偵と同じく弁護士だって日常生活に関わりがない人種だもの。アポを取ることだって躊躇うと思うわ。いくら取られるのか分かったもんじゃないでしょ!!

では、次に弁護士費用の相場について、チェックしてみましょ。

弁護士費用の相場

費用

弁護士費用って、はっきり言って相場がないに等しいのね。平成16年までは日本弁護士連合会が定めた弁護士報酬基準に従って、料金が決められていたけれど、現在は完全に自由。弁護士事務所が好き勝手に費用の額を決めることができるの。

例えば、離婚の報酬金。基本料金を30万円にしている弁護士事務所もあれば、倍の60万円に設定している弁護士事務所もあるの。慰謝料や財産分与があった場合の報酬金も10%にしている場合もあれば、15%にしている場合もあるわ。ただ、一般的な中央値としては、着手金も報酬金もそれぞれ20万円~30万円前後、トータルでの弁護士費用は40万円~60万円程度(相手から金銭の支払いがあれば別途10~15%前後)と言われていて、この金額を相場と言うか「ひとつの目安」に考えておくと良いかもしれないわね。

弁護士に掛かる主な費用

弁護士

離婚で発生する弁護士費用をざっと確認して終わりにするわよ。

法律相談料

離婚や裁判に関する相談を行う時に掛かる料金。探偵社によっては、紹介した弁護士の初回相談を無料にしていることもあるし、現在は探偵社を介さなくても初回相談を無料にしている弁護士事務所も珍しくないわ。有料の場合は、1時間1万円の相談料に設定している事務所が多いわね。30分5,000円とか。正直、30分なんて座って自己紹介してお茶飲んでトイレ行って終了じゃないかしら…。

着手金

依頼をした時に払う手付金って言うか、初期費用。これは返って来ないもので先払い。依頼をすると決めた時には、最低でも着手金の現金は用意していないといけないわ。弁護士費用が完全自由化だから相場を挙げることは難しいけれど、目安としては協議離婚の交渉なら10万円~20万円、離婚調停の申し立てなら20万円~30万円、離婚訴訟なら30万円~40万円ってところかしら。

協議離婚が決裂して、離婚離婚とか離婚訴訟とか、次のステージに突入する場合は、また新たなに着手金が必要よ。

報酬金

成功報酬金なんて呼ばれることも多いわね。問題が解決して離婚できると、一定の金額が報酬金として発生する他に、慰謝料や財産分与など相手側から金銭の支払いを受けることができたら、その金額に応じて報酬金が加算されるの。報酬金自体は30万円程度に設定している弁護士事務所が多いけれど、50万円以上の事務所もあるから、一概には相場は言えないわ。

慰謝料や財産分与があれば、回収できた金額の10%~15%程度が目安で、養育費も貰うことができたら、その分も加算。何でもかんでも持って行くように思えるけれど、だからこそ頑張ってくれるのよ!!養育費の分に関しても事務所によって計算方法が異なるけれど、10%くらいを目安にしておくと良いかもね。

日当と実費

日当は遠方の裁判所に行く場合。半日でも発生する弁護士事務所もあれば、半日なら発生しない事務所もあるわ。出張する場所によっては、1泊ないしは2泊が必要になることもあって、日当の費用は1日あたり3万円~5万円を目安にしてね。ただね、弁護士の先生が高速バスを使うなんてことはありえないわけで、新幹線代を別途請求されるわ。ええ、お察しの通り、生意気にもグリーン席よ。

実費は、その名の通り、掛かった経費。相手との郵便費用や印紙代、切手代、裁判所へ行く時の電車やタクシー代も含まれるわ。目安としては(交通費を除いて)、協議離婚や離婚調停なら1万円以内、離婚裁判なら5万円以内ってとこかしら。ただし、相手が遠方に住んでいる場合は交通費がバカ高くなることも覚悟しておいてね。

【コトエ・ロイヤルビッチマンの結論】

分かっていたけれど、かなり費用が掛かるのね…。医者もそうだけどさ、収入が多い職業の人に世話になるって、世話になる方も負担が大きいのよ…。

ただ、これで赤字になるとは限らないの。きちっとした慰謝料や財産分与を貰うことができれば、離婚も成立するし黒字になる可能性だってあるわ。一方で、明らかな証拠があれば弁護士に頼らなくても正当な慰謝料請求をする事が可能だから、探偵の証拠だけで離婚を成立させて、慰謝料を受け取る人もいるの。もちろん、自分で全て行うと心身ともに大きな負担にはなるだろうけれど。

気をつけて欲しいのが、明確な証拠がないまま、弁護士へ相談してしまうケース。何らかの証拠は持っているから弁護士事務所に駆け込むんだと思うけれど、不貞行為の証拠として認められるのは、ラブホテルへの出入りなどの明らかに「肉体関係がある」と判断できるもののみ。

弁護士の中には状況証拠だけで、進めようとする人もいるけれど、離婚が成立しなくても、着手金は入るもの。残念ながら状況証拠のみでは、裁判で勝てないパターンが多いわ。何よりも大切なことは肉体関係の証拠。それがないと、慰謝料は請求できないことを覚えておいてね。

浮気相手へのプレゼントBEST3⇒そんな○○持ってた?

不倫相手から貰うプレゼント

プレゼント

不倫相手との関係はパートナーに気付かれないように細心の注意を払って継続されるもの。しかし、その認識が双方で完全に一致していないことも多々あります。それが誕生日や記念日などのプレゼント。『許されない関係』だと頭では分かっているのに、どうしても自分の存在を形にして託そうと、プレゼントを渡してしまうのは女性の方が顕著です。

そこで今回は、不倫相手が贈るプレゼントについて、まとめてみました。こんな○○持ってたっけ?自分で買ったことないよね?そんな些細な疑問が、まさかの不倫に繋がっているかもしれません。

不倫カップルのプレゼント:定番は消えモノ!

ゴールデンウィークだわね…。最大9連休ですって。羨ましいわ。アタシ?暦通り。全く休みがない人も多いから贅沢を言うつもりはないけれど、休み中にも『休み明けで良いので対応お願いします』って、くだらない業務連絡が来ることに対しては甚だ不満。だったら休み明けに連絡をよこしなさいよー!!

あらやだ、自己紹介が遅れたわ。本日も当ブログは、コトエ・ロイヤルビッチマンがお届けします。今流行りの言い方だと、コトエ・ロイヤルビッチマンメンバーよね。未成年にキスは迫っていないけれど、生き方は猥褻。書類送検もされていなければ、示談する相手もいないから、どうやって社会に償えば良いのか分からないことが人生の課題よ。

それでは早速、今回のテーマ「浮気相手へのプレゼント」をお送りするわ。定番は証拠が残らない「消えモノ」ですって。まずは、不倫相手の女が既婚男へ贈るプレゼントからチェック!

不倫相手の女が既婚の男へ送るプレゼント

妻から夫へのプレゼントは、実用性が高いものや自宅で寛げるものが人気。例えば、仕事で使う名刺入れや革靴、あるいは自宅で疲れを癒すマッサージグッズや安眠グッズ。妻だからこそ夫のことを「分かっている」ポイントが幾つかあって、この色が好き、このことで悩んでいた、これを欲しがっている、など相手を思いやることが大前提。一方、不倫相手の女が選ぶプレゼントは、実用性にプラスアルファして、どこか自分の存在を知らしめるものが多数。第3位から発表よ。

第3位 ネクタイ

ネクタイ

妻からのプレゼントでもネクタイは上位に入ることがあるけれど、どちらかと言えば恋人関係の時に選ぶアイテムよね。なんて言うのかしら、結婚すると、お財布が一緒になる夫婦って多いじゃない?そうなるとネクタイって生活必需品の一部になりがちで「特別に贈る」って感じじゃなくなると思うの。ファッションと価格の絶妙なバランスが最も重要で、わざわざ妻の存在をネクタイでアピールしようとも思わないでしょ。愛情が薄れたとかじゃなくて、そんな道楽じゃないのよ、生活って。

ところが、不倫相手の女にとって、ネクタイは自分の存在を確かめることのできるアイテムの1つ。『不倫相手の58%は職場関係』だから、「私が選んだものを身に付けて働いているわ~」って、会社で確認できるのよ。燃え上がるはずよね、そういう思考回路って。夫婦だと、いちいち「私が選んだものを身に付けて会社へ行ったわ~」ってならないでしょ。「買ってやったのに、なんで使わないのよ!」って腹が立つことは多々あっても。しかも、不倫女がイチイチ言うわけよ。
「このネクタイ…、使ってくれたんだ…、ありがと」
あー、やだやだ、書いているだけで虫唾!!

腕時計やスーツは奥さんにバレる。高級だし持っている数に限りがあるから。でもネクタイやカフスは1つ2つ増えてもバレない。いざとなったら、自分で買った、会社の人に貰った、そんな言い訳だってできる。そんな浅ましい心理も働いていると思うわよ。なんなら上級者は会社で受け取って、会社で身に付けて、会社に保管して、自宅へ持ち帰らないの。ネクタイなんて、そうそう洗うものでもないし。

第2位 旅行

旅行

普段は一緒に過ごせないものね。でも不倫相手のことを本当に想っているのなら、図々しいプレゼントよ、これ。相手の家庭に波風が立つ可能性だってあるのに、自分が一緒にいたいだけでしょ。でも、一緒に旅行へ行きたい!なんて駄々をこねると、分別のない重い女だと思われてしまう。そこで、プレゼントという都合の良い形で、旅行を強行しようとするわけ。計画性と自己愛に溢れるタイプだわ、犯罪者に多いタイプ。揉めた時に初めて、こういう女の異常性に気付くのよ。

好きな人と旅行に行きたいって気持ちは分からなくもないわよ。夏休みも年末年始も、それこそGWだって家族サービスに行ってしまって孤独なんでしょ。でも、だったらなおさら、そこを一緒に過ごしてくれる相手を選びなさいよ!って話。「この人じゃないとダメ」でも、その人は空いてないの。「何が何でも通路側が良い」って主張しても、通路側が埋まっていたら、窓際に座るしかないの。数に限りがあって、早い者勝ちなの!!

憶測だけど、この場合のプレゼントは温泉でしょうね。「日頃の疲れを取って欲しいから…」なんて気の利くフリをして、火照った身体を抱いてもらおうって魂胆よ。アタシね、こういうね、相手を想うような言動で自分の要望を押し通そうとする人が一番嫌い!見透かすの、すぐに。こうして欲しいから、こう言ってるんだろうなって。『休み明けで良いので対応お願いします』も、本当はメールを読んだらやってくれ、って意味なのよ。だから絶対にやらないわ。

普段から出張が多い夫なら気付きにくいかもしれないけれど、土日に1泊の不自然な出張や、いつもは買って来ないのに土産があったら(その逆で、いつもは買って来るのに何も土産がない等、通常とは違うことがあったら)要注意よ。

第1位 ワイン・お酒

ワイン

高級ワインや幻と言われている酒など、価値が高いものを贈る傾向があるの。お酒って、消えモノって点でも優れているし、ホテルや不倫相手の自宅で消費できるから、奥さんにバレる可能性も低いでしょ。さらに、「高級なワインを2人で飲んだ」なんて、想い出まで共有できるし、不倫相手の贈り物としては最良の選択。敵ながらセンスの面では合格よ。

ただね、厄介なのはワインや日本酒に合うおつまみを、不倫相手が作ってしまうこと。ラブホじゃ無理だけど、不倫相手の自宅で飲む場合、アピールしちゃって、手のこんだ料理を用意しちゃうのよ。そんなもん、前日にクックパッドで調べたんだろーが。家庭的でも何でもないっちゅーねん!そう野次れるのは部外者だからこそ。当事者、特に男は、女の料理を過大評価するから、何だろうね、家庭的なイイ女だと錯覚しちゃうのよね。家庭的な女が不倫なんかするかいな。その矛盾に気付く男は、そもそも不倫なんてしないと思うの。

不倫相手の男が既婚の女へ送るプレゼント

今度は逆。既婚女性が夫以外の男と付き合っていた場合、男は既婚女性に何をプレゼントするのか?傾向としては似ているわよ。「消えモノ」が定番。でも、独身男性(または既婚男性)×既婚女性の場合、既婚男性×独身女性とは決定的に違って、既婚女性と不倫をしている男の大半は、女性の家庭を壊してまで奪い取る気は毛頭ないの。独身女性が持っている強烈な闘争心もないから、プレゼントで自分をアピールするわけでもないし。よって、「バレにくいものであること」が大前提よ。

第3位 ピアス・イヤリング

ピアス

理由が同じだから、第2位も続けて発表しちゃうわね。

第2位 化粧品

化粧品

これ、世の中の夫に問いたいんだけど、妻が持っているピアスやイヤリング、化粧品って、どれくらい把握している?ほとんどの男性は「全く知らない」って答えるんじゃないかしら?その物に対する興味の有無も多少は関係しているかもしれないけれど、そもそも「妻が自分で買うもの」よね。妻が夫のネクタイやハンカチを買うように、夫が妻の口紅やファンデを買って「これ使って」って与えていたら、そっちの方が衝撃的!!

しかも、これ女の人の悪いところだけど、化粧品って全部使い切っていないのに、新しいものを買い足すでしょ。なんで?別の商品を使ったからと言って、さほどキレイにならないって自分が一番分かっているはずなのに。「私、コスメジプシーなんですよ」なんて言う人もいるけれど、違うって!化粧品が合わないんじゃないの、その状態でベストなの!!どう頑張っても若い頃には戻らないし、年相応の美しさって表面的な部分だけじゃ出て来ないの!

だから、口紅が増えようと、ナイトクリームが増えようと、夫にバレることはないわ。もっと言えば、ピアスやイヤリングどころか、洋服だって「新しいの買ったんだねー」くらいにしか思わないかもね。妻への興味がないんじゃないの。そういう物への興味がないの。夫のライターが新しくなっても気にならないでしょ?それと一緒。

第1位 エステ・スパなどの利用券

スパ

贅沢な時間を体験できて、なおかつ消えモノでバレにくい。さらに今のご時世、チケットも紙じゃなくて、スマホ画面を見せるだけ。しかも、日常生活で疲れている女性にとって、この手の空間のプレゼントは最高のご褒美。もしアタシが不倫していて、こんなプレゼントを貰ったら、間違いなく不倫関係の継続を決定するわね。

 

行きたいのよ、エステやスパ、マッサージでも構わないわ。でも、みんな家計とにらめっこをして諦めているの。夫が、お小遣いをコツコツと貯めて、誕生日とかにプレゼントしてくれたら、どんなに幸せなことか!!「今日は俺が料理を作ってあげる」とか、要らないの、そういうの。いつも自分がやっていることを、今日だけオマエがやるから感謝しろってか!!違うのよ、非日常の空間が欲しいの。

以上が第1位~第3位。やっぱり不倫相手の女→既婚男性へのプレゼントと、大きく違うポイントが「時間や意識の共有」ね。「旅行&お酒」は一緒に楽しめるプレゼントだけど、「エステ・スパ」は相手が一人だけでも楽しめるプレゼント。「ネクタイ」は身に付けていることを贈り主自身も確認できるけれど、「化粧品」は使ったところで贈り主も気付かない。

よって、不倫相手の男→既婚女性へのプレゼントの方が圧倒的にバレにくいわ。もしかしたら、不倫相手の女→既婚男性へのプレゼントは、贈った女の心情的に少しバレて欲しい気持ちもあるのかもしれないわね。

【コトエ・ロイヤルビッチマンの結論】

プレゼント

「嫁が見たことのない下着を持っているんだよ」
先日、同級生が唐突に言ったの。別に良くない?趣味が変わっただけじゃない?ってアタシは思ったのよね。化粧品と同様で、下着だって奥さんが自分で買うものでしょ?見たことのないものがあるから何だって言うのよ。

「そうじゃなくて、今までは白とか薄いピンクだったのに、派手な色ばかり」
なるほどね。同級生の奥さんも同い年なの。要するに40代。それは間違いなく尿漏れ対策。白とか薄ピンクじゃ色々と不都合だもの。原色か濃い色じゃないと困るわけ。

「でも履いているところを見たことがないんだ」
深い溜め息を吐いたわ。化け損ねたタヌキみたいな体型で、逝き損ねた地縛霊みたいな顔をして。それなら聞いてみればいいじゃない!浮気なんかする人じゃないでしょー。そうやって無責任に言ってみたものの、よく考えるとアタシ、その奥さんのことをよく知らないのよ。趣味は旅行で、お笑い番組が好きで、冬は苦手な喫煙者。家事は得意で、下ネタも大丈夫で、O型・乙女座・乾燥肌。手土産には和菓子をチョイスして、やや神経質な典型的長女。
結局、知っているつもりになっていても、彼女が見えないところで何を考えて、どんな行動をしているのか?なんて分かっていないのよね。

「爽やかな兄貴キャラでワイセツなイメージがなかった」
連日、某メンバーがそう言われているように、人の本質的な部分って隠れているんだと思うの。だから、芸能人だけじゃなくて身近な人でも浮気が明るみになると「そんなことをする人とは思わなかった」って、周りは驚くでしょ。それは家族でさえも。100%理解しているつもりでも、別の個体である以上、絶対なんてないんだから。

贈った覚えのない物は、もしかしたら他の誰かからのサインかもしれない。バレないように工夫をしているからこそ、分かりにくい贈り物が多いことを念頭に入れて、日頃から相手の持ち物を観察しておくのよ。

妻の化粧品、把握している?
夫のライター、分かっている?
興味がないものこそ、狙われるからね!!

パートナーの不倫相手を訴える方法

許せない!夫(妻)の不倫相手を訴えるには?

パートナーのことは当然ながら許せない。でも、平穏だった家庭を壊した不倫相手のことだって絶対に許せない!!!

パートナーに浮気をされた時、不倫相手のことを訴えてやりたい!!と思う方は少なくないでしょう。結論から言えば訴えることは可能です。しかし、そんなに簡単なことではありません。相手側に与える精神的プレッシャーは大きく、懲らしめるだけには十分な威力を発揮する一方で、自分も疲弊してしまいます。それでも、どうしても訴えたい方のために、今回はパートナーの不倫相手を訴える方法と注意点についてお伝えします。感情的になり過ぎると逆に訴えられることもあるので要注意です!!

裁判に勝つための知識と経験があるか?

自己紹介が遅れたわね。いつものコトエ・ロイヤルビッチマンよ。アタシが訴えたい人間は友人A。アタシの手を見て「鍋掴みみたいな手ですやん」って言ったの。鍋掴み…(-_-;)

鍋掴み

傷付いたわ、裁判で慰謝料を請求したいくらい。でも、口では簡単に言えるけれど、実際に裁判を起こすとなると、ほとんどの人が未経験だし、尻込みしちゃうわよね。内容や居住先によって裁判所の種類も場所も異なるわ。それに、申し立てを行う書式の書き方だって履歴書やラブレターと違ってサンプルがネット上にゴロゴロ転がっているわけでもないでしょ。とんでもない労力だと思うの。

まずは簡単に手順を紹介するわね。~アタシが友人Aを訴えるとしたら~

裁判フロー

これ、表にすると単純そうだけど、口頭弁論の期日(法廷が開かれる日)は1ヶ月以上も先になることが一般的で一回で終わるとは限らないの。さらに、裁判に勝つためには知識や経験が必要で、多少の知識があったところで、相手が弁護士を立ててしまうと知識の差は歴然。法廷での経験値も判決に大きな影響が及ぼしてしまうの。正論だの正義が通用するとは限らないくらい法廷は真剣勝負の場だもの。素人が一人で足を踏み入れても簡単に勝てないからこそ、弁護士費用って高額なんだわ(でも、ほとんどの場合、慰謝料で支払える金額よ)。

敷居が高い弁護士相談

相談

とは言え『弁護士に相談する』って、ちょっと敷居が高いように感じない?料金的なことだけじゃなくて、アタシの周囲は弁護士どころか国家試験を受けるような高い志を持った人間が皆無だから、弁護士と会話が成立するのか?さえも疑問だわ。「訴状が~陳述は~答弁書を~」なんて、真顔で繰り返されて御覧なさいよ。浮気をされていたショックや怒りも相まって、引っ叩きたくなるはず!専門用語を使いなさんな、って。

それともう1つ。パートナーが浮気をしていたからって、必ずしも相手を訴えられるとは限らないの。慰謝料が請求できないケースもあるから、まずは以下を確認してみて。

不倫相手を訴えられないケース

細かいことまで羅列すれば、もっとあるわよ。でも、よくありそうなケースを3つ紹介するわ。特に1つ目は大切な項目だからお忘れなく!

1、浮気を証明できない場合

LINEとかメールとか、偶然どこかで見かけたとか、誰かに聞いたとか…。浮気相手を特定できたとしても、不貞行為を証明できなければ、慰謝料の請求は不可能。この場合の不貞行為とは、何度もお伝えしている通り、配偶者以外との性交渉ね。肉体関係の証明ができない限り、どんなに親密な様子がLINEの文面等で確認できても、裁判では戯言扱い。

2、パートナーのことを既婚者だと知らなかった場合

パートナーが既婚者だと知らずに付き合っていた場合も慰謝料の請求はできないわ。逆に結婚を匂わせて付き合っていたのなら、パートナーが慰謝料を請求されてしまうケースもあるの。ここは大きなポイントよね、シラを切られたら終わりだもの。

でもね、パートナーが結婚指輪をしているとか、結婚の事実を周囲の全員が知っているとか、状況証拠が揃っていれば「知らなかった」は通用しないの。簡単に気付くことができたはずなのに「気付かなかった」とは言わせないシステムよ。こうなると、指輪が抜けないように結婚後は太らせておくことが大事そうね。それこそ、鍋掴みのような手になるまで。

3、夫婦関係が破綻していた場合

浮気発覚の前に別居をしていたとか、夫婦関係が破綻した直接の原因が浮気ではない場合は、不倫相手に慰謝料を請求できないわ。言い換えれば、既に別居しているならば、別居に至る前から浮気関係が始まっていたことを証明できなければならないの。これは少し難しい証明になるわね…。

こんな行動は逆に訴えられてしまう!

悲鳴

浮気を知ってしまった時に、つい感情的になって不倫相手へ攻撃したくなるけれど、以下のような行動は逆に訴えられてしまう恐れもあるから、軽はずみな言動は慎むのよ。冷静に、そして知的に攻撃する事こそが、正しい復讐!

1、怒鳴り込みや不用意な接触

やりがちだわね、よく聞く内容だし。静かにお話がしたいだけでも、相手の態度や出方によってはヒートアップしてしまう可能性だってゼロじゃないでしょ。その結果、脅迫された・恐喝された、と訴えられてしまいかねないの。会社や実家に乗り込む人もいるけれど、それだって危険。同僚やら家族やら、第三者に不倫が知られてしまうと、その責任を追及されることもあるし、勢いで頬を叩いたりしてしまうと、刑事事件に発展してしまう恐れもあるわ。そもそも論だけど、常識が通用しない相手だってことを忘れないで。

2、退職の強要

以前、「不倫相手の58%は職場関係」でもお伝えしたように、不倫の主戦場は勤務先。言いたくなるわよね。「もう会わないように退職して下さい」って。でも、退職を強制するようなことを伝えてしまうと、不倫相手から損害賠償請求をされる恐れがあるわ。それくらい気の強い相手だもの。慰謝料以上の金額を求めるはず。そういう人間は何があってもタダで転ばないタマなのよ、ご注意!!

不倫相手に「あんたの名前もやっていることも全て知っているわ!」って、プレッシャーを与えたい時には、乗り込むことより内容証明が効果的。脅迫や恐喝、強要にならないように文面には気を付けて、さらには第三者が開けないように、個人名かつ親展で送付することも忘れずにね。

【コトエ・ロイヤルビッチマンの結論】

平穏な夫婦関係を破壊したパートナーの浮気相手を訴えるなら、誰が見ても明らかな浮気の証拠が必要。なおかつ裁判に関する豊富な知識と経験を兼ね備えた弁護士のサポートが判決を左右するわ。

慰謝料の金額は浮気期間の長さや婚姻年数、相手の収入などによって異なるけれど、弁護士など専門家への相談次第では、相場以上の金額を請求することも可能なケースだってあるわよ。とは言え、大半は裁判ではなく示談交渉。それでも素人が示談交渉をすると、言葉を間違えて恐喝・脅迫になる恐れもあるから、やっぱり弁護士によるサポートを依頼した方がベター。もちろん、示談で解決する場合でも浮気の証拠は必要よ。

よって、アタシなりの結論。
弁護士が運営する探偵会社へ相談する方が手堅く効率的』
なぜなら浮気の証拠の収集と示談・裁判へ向けた相談を、ほぼ同時に進められるから。弁護士を探すことだって初めての人にとっては難しいのに、探偵まで探すとなると気苦労も二倍。その点、弁護士が運営する探偵会社なら、探偵と弁護士を別々に探す手間が省けるし、浮気調査で事情を知っているから話が早いし、法廷だって熟知しているから、証拠も裁判向け。すなわち勝てる裁判を行うための証拠を積むの。

オススメの探偵社は「探偵社ALG」と「響・Agent」の2社。どちらも弁護士が代表を務める探偵社で、同じフロア内に法律事務所を設けているから、スムーズに法律相談を行えるわ。

裁判所

10年くらい前かしらね…。アタシにも大企業で働いていた時代があって、どら焼きばかり食べている後輩がいたの。動かないからフォルムは完全に猫型ロボットそのもので、でも何の役にも立たないし、いつも卑猥な画像ばかり眺めてニヤニヤしていたから、あだ名を付けて呼んでいたわ。
「シコえもん」

今なら完全に訴えられちゃうわね。セクハラかパワハラか、もしかしたら、もっと違う何かで。でも、シコえもんに「訴えますよ」って言われても何も怖くないわけ。それは、A氏に対してアタシが「訴えるわよ」って怒鳴っても同じこと。所詮は素人の売り言葉で威力ゼロ。でも、裁判所から訴状が届いたり、内容証明に弁護士の名前があったら、ちびっちゃうはず。シコえもんに土下座で許しを乞うし、アタシの手はバレリーナに昇格するわ。

それは浮気相手への宣戦布告もしかり。復讐は罵声やハッタリじゃ何も響かないの。証拠を武器に「法的手段」をチラつかせることで、完膚なきまでに叩きのめしてやるのよ!!