時代で変わる浮気と浮気調査の実態

広告

時代

そんな時代もあったねと いつか話せる日がくるわ
あんな時代もあったねと きっと笑って話せるわ
だから今日もくよくよしないで 今日の風に吹かれましょう

まわるまわるよ ギョロ目がまわる。

コトエ・ロイヤルビッチマンの浮気調査ファイル、本日のテーマは「時代」よ。インフルエンザでギョロ目が回ったコトエ・ロイヤルビッチマンがお届けするわ。大変だったんだから、インフルエンザ!!4日間も40℃近くまで発熱するってアタシの身体どうなっちゃうの?でも、様々な場面で時代を感じたわ。

まず薬が吸入式。斬新かつ近未来的な形で、薬品のセットがまどろっこしいのなんのって!スムーズに使えるようになった頃には熱も下がってたっつーの。それでいて、粉薬がこぼれる、こぼれる!!器用で頭の良い人間が開発した物を不器用でバカな人間が使いこなせると思うなよ!!って半狂乱になりながら使っていたわ。時代だわね、あんな薬。

もう1つが買い出し。アタシ、独居老人みたいな生活をしているから、こういう時に頼れる人がいないわけ。「スポーツドリンク買って来て」とか気軽に言えないのよ。配達してくれるネットスーパーの普及も時代の産物だけど、高熱にうなされながらスマホで商品を探してカートに入れる元気なんてないの。アタシが働く会社の社長が「何か欲しいものがあれば、いつでも言って下さいね」って、心にも思っていない台詞を簡単に言ってくれたけど、こんな時に来られると余計に具合が悪くなるでしょ。

唯一、徒歩圏内に住んでいる知人で前職の後輩がいるから、「本当に申し訳ないけれど」って、お願いしたのよ。そしたら「感染りますよね?」って言うの、一丁前に。「大丈夫。インフルエンザB型は、動物に感染らないから」って言ったら「あ、そうなんですか。じゃあ何か買って行きます」だって。アホで助かったわ。

そこで感じた時代が、無料通話アプリのビデオ通話。どんなに熱があろうとも、しっかり食べるアタシゆえ、たとえば「プリン」でも食べたい銘柄が決まっているわけよ。
「ちょっとビデオ通話にして商品棚を映して。あ、それじゃない、もう1つ右。それそれ。次にパン売り場に行って上から下まで一通り全部見せて。あー、何もない。次、弁当売り場に行って、同じように全部見せて」

我ながら完璧な指図だったわ。途中で「相変わらず食に貪欲…」って小さな声での嘆きが聞こえたことは気に入らなかったけれど。おかげで一歩も出られない状況でも、食べたいものを妥協せずに入手することができたの。これも時代。

多くの場面で時代によって大きく変化を遂げているってことってあるわよね。それは浮気や浮気調査においても同様よ。

時代で変わる浮気と浮気調査

時代

1:時代で変わった「浮気相手との連絡」

ネットやスマホの普及は、浮気相手との連絡密度を格段にアップさせたわ。携帯やパソコンが普及する前は自宅の電話や職場で、携帯やパソコンが普及してきたらメールで、そしてスマホが登場した現在は無料通話アプリを使って。もうさ、LINEなんて下手したら一日中やっちゃうわけでしょ。それでいて、自宅の電話よりもバレにくいって言う厄介さ。表示名を変えることもできるし、送信内容を消すこともできるし、スマホ自体にロックも掛けられちゃうし。携帯の中を盗み見しても、何にも出て来ない時代になっちまったの。

2:時代で変わった「妻の浮気」

昔から浮気をする女性は一定数存在していたと思うのよ。でも、女性の社会進出が当たり前になって、結婚後や出産後も働き続ける女性が増えたでしょ。それ自体は当然ながら素晴らしいことだけど、その結果、浮気に発展してしまうシチュエーションが昔の既婚女性より、かなり多くなったことも事実よね。女性の浮気に対する世間の目は、以前と変わらず厳しいままよ。それは男性の浮気とは比べ物にならないくらい。でも一方で、美しい男女が演じる不倫ドラマは増えて、しかも主人公の女性が以前は独身だったのに、今じゃ設定が既婚者。結婚をしても子供を産んでも、ひとりの女性として輝き続けたい!って願望が社会全体として強くなっているんだわ。それを称賛する風潮も含めてね。よって、近年は男性(夫)からの浮気調査依頼が飛躍的に増えているの。

広告

☆各探偵社の浮気調査依頼:男女比

探偵社名 女性相談者 男性相談者
総合探偵社MR 76.2% 23.8%
原一探偵事務所 63.2% 36.8%
RCL探偵事務所 61.6% 38.4%
I・WIN東京探偵事務所 30% 70%

一番下の探偵事務所を除けば、だいたい3割程度が男性からの依頼。男性の場合は、女性のように「証拠を取って慰謝料請求」より「復縁」を望む方が圧倒的に多いそうよ。ちなみに、総合探偵社MRでは女性相談員へ相談することに抵抗がある男性のために、男性だけのカウンセラーチームが組まれているから、妻の浮気を安心して相談できるわ。

3:時代で変わった「探偵会社の比較」

ネットやスマホの普及で大きく変わろうとしているのが、探偵のイメージ。年齢が上の人ほど、ハンティング帽子とマントのようなコート、さらにはパイプをくわえた探偵をイメージしがちだけど、それ、シャーロック・ホームズだけよ。普通の探偵の服装は自由。目立たない格好の方が調査を進めやすいから、マントのようなコートなんて論外よ。多くの探偵事務所のサイトでは、調査員や代表者が掲載されていて、みなさん「ごく普通」の会社員風であることが分かるわ。特殊なスキルを持っている人たちだけど、仕事を離れたら、そこら辺で慎ましい生活を営んでいる平凡な一般人なのよ。

それだけじゃなくて、ネットやスマホを使って簡単に、調査料金を比較できるようになったことも時代だわね。昔だったら、ぶ厚い電話帳から探偵や興信所の電話番号を調べて、一社ずつ調査費用を確認しないとならなかったけれど、今は正確な金額までは分からなくても、だいたいの目安ならネットやスマホで調べられるわ。

他にも複数の優良探偵会社から、条件に合う探偵会社をピックアップしてくれる無料のサービス「街角相談所」「探偵さがしのタントくん」もあって、探偵選びに時間を掛ける時代は終わったも同然ね。

4、時代で変わった「浮気の証拠」

一昔前まで、浮気の動かぬ証拠と言えば、写真だったわ。今も写真は法的効力があるけれど、昨今は写真だけではなく動画も証拠として提出されることが多いの。動画の破壊力って最強じゃない?写真以上に言い逃れができない、不倫独特の嫌らしい雰囲気が筒抜けって言うか…。

実際にHAL探偵社の公式サイトでは調査動画のサンプルを、響・Agentの公式サイトでは、報告書のサンプルを見ることができるから、チェックしてみると良いわ。具体的なイメージが掴めるわよ。

【コトエ・ロイヤルビッチマンの結論】

どんなに時代が変わっても、あなたが変わらなければ事態は何も変わらないわ。怖いことを怖いからと言って、目を背け続けたら、もっと事態は悪化して、不安と恐怖を抑えられなくなると思うの。

どんなに時代が変わっても、決断と行動には勇気が必要で、それは便利さとは決して比例することのない、人間だけが持つ普遍的な部分よ。不安と恐怖を乗り越えられるのは、器用で頭の良い人間が開発した時代の産物じゃない。不器用でも真面目に生きる人間の、強さと誠実さと、それに伴う苦悩だけ。どんなに残酷な結果でも、真実が導く先にしか新しい時代は見えて来ないわ。

光

今日は倒れた旅人たちも 生まれ変わって歩き出すよ

コトエ・ ロイヤルビッチマン

投稿者: コトエ・ ロイヤルビッチマン

フーテン気質なパンダ似。昭和生まれの独り身だけど心はいつでもトレンディ。「今後とも御贔屓にしてくださると嬉しいわ!こっそりツイッターもやってるわよ」